FC2ブログ

All archives    Admin

12月≪ 2007年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2007'01.01 (Mon)

VitaminX(ビタミンエックス) プレイ感想

VitaminX(ビタミンエックス)(通常版)VitaminX(ビタミンエックス)(通常版)
(2007/03/29)
PlayStation2

商品詳細を見る


※ネタバレしてます。

BLゲーム続きだったので乙女ゲームを。
「馬鹿な生徒(オトコ)ほど、愛しい―」というキャッチコピーが表す通り、女教師になって頭の悪いイケメンと勉強したり恋愛したりするゲームです。
女教師×純情男子生徒はかなり好物なんだけど、乙女ゲームなので勿論女教師にムンムンな色気はなく、あくまでフレッシュな新任教師。
そして男子達もブルジョワ学校に通うイケメンたちなので、純情なんてものはとうの昔に置き去りにしたらしくそもそも女教師に敬語を使う気がありません。
…ま、まあいいんだけど…。
問題児だらけのクラスに配属させられ、早速新任教師いびりの洗礼にあうなどのベタなプロローグを終え攻略開始。



1周目 草薙一

全員「これ乙女ゲーム対象としてアリなのか!?」というほど異端児が多かったのでとりあえず一見マトモそうな草薙一(くさなぎはじめ/CV.小野大輔)から特攻。
このゲームは普段の何気ない会話のやり取りに生徒達の馬鹿発言を見つけ出し、そこでアクションをおこしてストーリーを分岐させていくシステムになっています。
馬鹿発言を「ツッコミ」すれば偏差値があがり、「スルー」すれば恋愛値上昇。
変わってるので最初は戸惑ったんですが、慣れればかなり面白かった。

超イケメンが素で頭の悪い発言をするのがこのゲーム最大のポイントです。
なので、メンツの中ではマトモそうに見える一も素で馬鹿発言しまくり。
「ゆとりって…ゆとりって……」と唖然とすること必至です。
一で一番笑ったボケは、「フランシスコ・ザビエルは何をした人か?」という問題に対して「ヅラを伝えた人」と答えたところ。
リア小にも程があるだろ。

一はマトモそうに見えましたが闇を抱えており、ストリートでナイフを振り回す不良少年でした。
キミタチは腐ったミカンじゃなーい!!
という勢いで生徒の心に土足で踏み込んでいくと、サッカーをやっていた事実が判明。
クラブメイトとの癒着を解決し、サッカーを再開し、無事に一くんも大学合格となるのでしたチャンチャン。

…………。

……だ、大学合格だと!!!!!???

あれだけ馬鹿だったというのに、しかも夏休みも受験本番間近も遊びまくりだったというのに一体いつの間にそれだけの勉強をしたんだ!?
と、当の先生が一番びっくりしています。
まあ全員攻略すると一よりもっと「おまえが何故大学に行けた!?」というキャラもいるのですが。
ゲームで勉強がしたければ「DSドラゴン桜」をやればいい話ですからね、猛勉強のシーンは脳内補完します。



2周目 斑目瑞希

2周目は一番気になってた斑目瑞希(まだらめみずき/CV.菅沼久義)で。
おお、私にトラウマを残したラブレボの深水くんの声優さんですね(※トラウマの詳細はラブレボの項目を参照)。
ショタキャラのイメージをまるで払拭し、瑞希は長身な無口キャラです。
人嫌いで周りと会話しないので、普段は寝てるかペットの白いトカゲ(名前はトゲー)に話しかけているかのまあ不気味なヤツです。
クールキャラはそんなに萌えにはならないんだけど、不気味キャラは大歓迎です。
不器用な彼が徐々に先生に心を開いてくれる様はやっぱり嬉しかった。
翼と一緒にモデルの仕事をしているというエピソードには「ねーよ!!」とつっこんでしまいましたが。
なんか、あまりにもいいトコないからとってつけたような感じがするな~。
モデルなんかしてないただのヒキコモリでも充分萌えるのにな~。

瑞希とも順調に親しくなり時は文化祭。
アクシデントでお湯をかぶってしまう先生を見て、瑞希の態度が急変。
超俊敏かつ冷静に火傷の手当てをしてくれます。
ああ~こういう豹変は大好きだ!!!!
萌えまくったのでこの月だけ3回飛ばさずやり直した(笑)

……そして後に判明、瑞希はIQ250超えの天才少年でした。
ただ人から関心を集めるのを恐れて、馬鹿のフリをしていたんだそうです。
だからアクションポイントもナチュラル馬鹿の5人に比べて「わざと」感漂ってるボケが多かったな(笑)

瑞希はマジでよかったです。
長身でガタイよすぎるので、これで華奢で線の細い美少年だったら言うことなかった。



3周目 仙道清春

どんどん行きます。
次は聖帝の悪魔、仙道清春(せんどうきよはる/CV.吉野裕行)で。
この名前でバスケをやってなかったら嘘ですが、勿論バスケットプレイヤー。
天才的なバスケットセンスを誇るヤンチャな男の子です。
ヤンチャっつーかな、もうこれはプレイしてもらえば分かると思うのですが「て…てめえの親の顔が見たいわ!!!!」と暴言を吐きたくなるほど、とてつもなく性格が捻くれてる暴れ悪魔です。
乙女ゲーでここまでプレイヤーの神経逆撫でさせるキャラを持ってくるのは本当にすげえ!!
その姿勢に感動し、勿論むかついたけど結局清春自体は嫌いになれなかったなあ…。
むしろどうやったらここまで根性ひねくれられたのか、その経緯が知りたかったよ。

清春で一番笑ったのが、先生が淹れたコーヒーを飲んで「先生、バスケが…」と辞世の句を告げて倒れたところ。
もしかしたら深読みしすぎかもしれないが、それは「バスケがしたいです」か!?
もし本当にそれを辞世の句に持ってきたとしたら、清春のセンスを認めたい。
乙女ゲームの都合で省略されてるけど、清春は絶っ対、小学生レベルの下ネタや漫画アニメネタを常に言ってそうなイメージなんだよな。
許されるならそこの部分をもっと見たかったです。




4周目 風門寺悟郎

4周目は逆伊集院・風門寺悟郎(ふうもんじごろう/CV.岸尾だいすけ)で。
逆伊集院といいつつも性別男子であることは最初からオープンしているので、先生は女装男子とマンツーマンで補習を余儀なくされます。
つに乙女ゲームも、女装キャラを正式攻略対象として落とせる時代になったか…。
見た目もですが中身も女子っぽいのでなかなかプレイヤーの心境としても複雑です。
救いは声優さんが男性であるということですが、語調が完全に女だしトーンも女なので(改めて声優ってすごい…)「こ、これは岸夫だいすけの無駄遣いでは…お、女の人でも問題ないんじゃない?」って思わせてしまうあたり、なんか微妙です。
それでもまあ許せてしまうのは、勿論「なあ当然、男に戻るイベントがあるんだろ?」という一縷の期待にかけているからです。
3学期に事件を解決させ、一人称が「ボク」になり語調も落ち着く悟郎。
おおう、これ男イベントクル…!?と期待はいやがうえでも高まります。
……そして卒業式、男子の学生服に身を包んだ悟郎が……

キターーーーーーーーーー!!!
うん、でも予想の範疇内だ!!!!!(笑)
勿論女装を解いて初めて見せてくれる男子バージョンにはときめきましたが、ハッキリ言って登場した瞬間からこの瞬間は予想できていたわけなので、欲を言えばもっと意表をつく女装キャラならではのエピソードが見たかったなあっ…!!



5周目 七瀬瞬

5周目は長髪クールキャラ、人気バンド「ヴィスコンティ」のリーダーとベースを担当する七瀬瞬(ななせしゅん/CV.鳥海浩輔)で。
七瀬ルートは、とにかくキャラがやたら出てくる!!!(笑)
バンド関係だけでどれだけキャラ出てきた!!?? 二桁はいってる気がする。
これらに全部キャラ絵があるんだからすごい。
ヴィスコンティ最終メンバーはビジュアル系だけあって、それだけでひとつの乙女ゲームが成り立つんじゃないかというくらい気になるビジュアルの男子が多かった。
これ、「コナミマン」とか「みんななかよし」とか名前入力したらビタミンXならぬ「ヴィスコンT」ってゲームが始まりはしないだろうか(メーカー違い)。
是非これでゲームをしてみたい。

七瀬の珍回答はひと月だけ異様に冴えてる時がありました。
「正)チャイコフスキー」→「誤)チッチャイコスキー」、「正)滝廉太郎」→「誤)多岐レンタル料」が異常に冴えてた。
瑞希、清春、悟郎と変化球キャラが続いたので、やっぱり「イケメンが素でバカ」というのを久々に目の当たりにすると破壊力がすごい。



6周目 真壁翼

最後はメインヒーロー(?)真壁財閥の御曹司・真壁翼(まかべつばさ/CV.鈴木達央)で。
帰国子女なので不自然なところで英語を披露する、ある意味ルー語の第一人者。
英語は多少できるものの日本語は壊滅的らしく、全教科のテスト平均点が9点という乙女ゲームメインヒーローとして由々しき事態を見せ付けてくれます。
小テストかよ!!!というツッコミは、自分が学生時代さんざんつっこまれ続けた言葉なので何故か馬鹿な翼を見るたびに自分自身の学生時代の悲しい思い出までも去来し、切ない気持ちになりました。

でもさすがメインヒーローだけあり、「イケメン馬鹿生徒と恋愛」というこのゲームのテーマである集大成的なキャラになっていたので攻略が面白かったです。
ただのバカなのにこのキャラを「眼鏡キャラ」に配属させたところがすごくキャッチーでいいと思います。
目が悪くなるようなこともしてないハズなのにな…(笑)
……と思ったら最後にして最大のつっこみどころが訪れました。

9点キャラがわずか1年の補習で東大合格。

す、すげー!!!!!
この瞬間過去最高の力を込めてL3を連打した。
ほとんど勉強してた描写がないのに翼ぼっちゃまったら隠れ勉強家だったんですね!!!!!
勿論不合格エンドもあるんですが、合格エンドとの差なんて「お茶漬けサラサラだ!」を「それを言うならおちゃのこさいさいでしょ」とつっこむくらいですよ。
う、うーん、すげえ……。



全体の感想

それぞれのキャラにつく月末試験担当の先生とも恋愛イベントが見れます。
うむ、イケメン生徒とイケメン先生に同時に好意を寄せられるこの関係はまんざらでもなかった。げへへ。
そして各キャラからザッピングで変化するストーリーを見て攻略完了。

このゲーム、恋愛値や偏差値の数字によってキャラたちがアクセサリーをつけるというツッコミ待ちのシステムを搭載してるので、全員攻略すると生徒達の格好が異常です。
毎日がハロウィンパーティー。
特に七瀬がビジュアルバンド的な羽を大学行ってもつけてたときは盛大につっこんだ。
「またファンに見つかっちまったな…」とか嘆くまえにその目立つヤツしまえ!!と。

このゲームはキャラもインターフェースもBGMも洗練されててオシャレです。
ですが個人的にはもうあと16%ほどダサいほうが萌えたかな…。
プレイする前は普通に魔法学校かなんかだと思ってたので、もう少し現実っぽいキャラデザや制服だったら、より「学園物」らしさが楽しめたかも。
とはいえ月末試験や補習の内容などはかなり現実的なので(高3に教えるレベルとしては非現実的だけど(笑))そこで学校のリアルさや懐かしさは得ることができます。

生徒のみならず先生の声優も豪華だし、基本のクオリティもかなり高いので、乙女ゲーム好きの方ならプレイして損なし!の1本ではないでしょうか。


(2007.11.30)

スポンサーサイト



テーマ : ■Vitamin X■ - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

コイビト遊戯 プレイ感想

コイビト遊戯 初回限定版コイビト遊戯 初回限定版
(2007/08/24)
Windows

商品詳細を見る


※ネタバレしてます。

マスカレード衝撃の記憶が新しい、PIL/SLASHの新作「コイビト遊戯」の感想です。
PIL/SLASHの公式サイトにはマスカレードをプレイして以来目が離せず、足繁く通っていたのですが、新作ゲームの「テーマはヘンタイというキャッチコピーを目にしてからまた更に来訪頻度が上がってしまったことは言うまでもないです。
キャラも設定も普通っぽくて好感触。
うーん、あー、でもやっぱ変態的なプレイがあるんだよなーうまく萌えられるだろうか…と発売まで葛藤の日が続いていました。

ある時、雑誌でキャラたちの私服情報が解禁。
この私服キャラの立ち絵を見て100年分くらい笑った。
なにその模様!!?? なんでみんなお揃いなの!!?? そのブランド流行ってんの!!??
今は公式サイトからでも私服は確認できるのでまだ未見の人は是非見ていただきたいです。
この私服が見られるなら萌えられなくても別に構わないという気にさえさせてくれるほど破壊力がありました。
購入のきっかけが私服の模様ってどうなんだ。
模様以外にも声優が豪華です。
声優さんは偽名を使っているのですが、そこまで声オタじゃない自分ですらメインキャラ全員、第一声で誰の声か分かるほど豪華な声優さん使っているのもポイント高いです。
ここまでの豪華さはPCBLゲームではちょっとないんじゃないでしょうか。怪盗ジェイド以来の豪華さだ。

そういうわけで、きっかけは邪でしたがPIL/SLASHの基本クオリティはマスカレードで保障済みですし、勿論ネタ方面でもきっと素敵なことが起こるに違いないと斜めな期待をしながらプレイしました。



1周目 芳賀×裕太

1周目はクラスメートのバスケットマン芳賀でいきます。
どうでもいいけど自分、最初に特攻するのは大抵体育会系ですね…。

ストーリーが、目からウロコが落ちるほど面白かったです。
金持ち学園にいる貧乏アルバイターの主人公・裕太。
ブラコン兄貴の魔の手から逃れるために幼馴染の家にころがりこみ、幼馴染(※もちろん男)とデキてるというウソをついて兄貴を一時的に追っ払うことに成功。
だけどキチ●イの兄貴がその噂を学園中に吹聴してしまい、ホモップル認定されてさあ大変☆みたいなおおまかに言うとそんなストーリーです。
恋人のフリ、それで「コイビト遊戯」かー。なるほどねー。

フリといえどそれなりに男といちゃつかなきゃいけない裕太は本当に災難です。
「いつもどおりにふるまう」という選択肢とセットで出てきた「積極的にホモる」という選択肢で声あげて爆笑しました。
ホモるホモる時ホモればホモろう……!!!!
これほど端的で分かりやすい動詞がかつてあっただろうか。

更に休み時間には、裕太と諒(幼馴染)のラブラブショットを求めて携帯を構えた学園の腐女子がボウフラのように湧き出す始末。
この展開には「腐った女子」という的確すぎる表現もあいまってガチで笑いました。
くさった じょしが あらわれた!! ▼
ゆうた は にげだした! ▼

という感じに今にもAVGからRPGに変化を遂げそうなほど臨場感のあるシーンでした。

態度が変わるのは女子だけでなく男子も同様です。
クラスメイト達は「あいつ男とも付き合えるヤツなんだ……」という目で見てくるので今後のホモ展開が自然です。
これは盲点だった!!!
普通はヒいて終わるところ? いや、そんなことありません。
これはホモ展開を自然にするための潤滑油です。(言い切った)

そんなわけでバスケットマン芳賀は単純なやつなのでその典型で、男との付き合い方などを興味深げに聞いてきたりします。
芳賀の部屋でAV鑑賞をしたことから始まるふたりの関係が、男子高校生らしくて好感度高かったです。
ヘンタイゲームっていうからてっきり芳賀なんて過去に2~3人くらい人殺してんじゃねーかくらい思ってたのですが、なんと過去に1週間つきあった彼女がいただけというリアリティのある女性遍歴に感動しました。
あれ、明るくて笑えて学園で地に足がついてて受けが可愛くて、これ普通に私の理想のBLゲームなんですが……!!??

スチルコンプしたらそんな私の感動は刹那の蜃気楼ということが判明するわけですが(これについては後述)、ベストエンドは理想の集大成といっていいくらい面白かったし萌えました。
最初は裕太が女の子にしか見えなくてあれだったんですけど、慣れたというか女の子らしいことも含めて裕太のキャラになってたので違和感が全然ないというか、イノセント(って公式サイトに書いてあったんだよ)な裕太のキャラももこのゲームの大きな魅力のひとつだと思います。



2周目 櫻井×裕太

次は秀才キャラ櫻井で。
両親が病院を経営しているらしく、めっちゃいい家に住んでます。
誘われるままに櫻井の家に遊びに行った時はあまりの金持ちっぷりに「ねーよ」と声に出してつっこんでしまいましたが、勿論こういう分かりやすさは大好きなので「ねーよ」どころかどんどんやっていって欲しいです。

櫻井が冷静に腐女子の生態を分析しているところでめちゃくちゃ笑いました。
彼は過去に何人かお嬢様の女性とお付き合いしたことがあるらしいが、その中に腐女子がいたとしか考えられない。
櫻井が付き合ってた女ってまさかこいつじゃねーか(笑)。(原作よく知らないが)

芳賀の時も思ったけど櫻井は家庭環境がバッチリ出ているので、彼の性格形成に至るまでの過程がよく分かってキャラクターに厚みがあった気がします。
櫻井姉達のヤバい性格も、裕太の柔らかい表現でボカされてるところがうまいなーと思いました。
クラシックでサブリミナル効果を仕込んでいたりとか、大停電のエピソードとか、ウサギに執着する櫻井の過去とか、全てひっくるめて面白かったです。
鬼畜眼鏡というより陰湿変態眼鏡な櫻井、改めて眼鏡の種類って奥が深い。
声優さんの演技がまた上手いんですよねー。
普段ボソボソしか喋らないのに、ボルテージあがった時に一気にまくしたてるあの感じが櫻井っぽくてよかったです。



3周目 滝沢×裕太

受けが可愛いと、全カップリング萌えられるから非常にいい。
次はモデルの滝沢で。
キャラの性格付けは櫻井や諒と比べて割と底が浅い?
でもこういうキャラは嫌いじゃないです。
アクセサリー選ぶシーンではなんとも表現しがたい笑いがこみ上げてきて思わず笑った。

主人公が女子に告白されて付き合い始めるという怒涛の展開が衝撃的でした。
のちに滝沢の仕掛けた罠だったと判明するわけだけど、いやー、BLゲームやっててこんなこと初めてだったのでびびりました。
まあ当然のことだけどその女子は噛ませですよ! エンディングとかも勿論ありません!
だってこれはBLゲーム。
裕太……生きろ。



4周目 諒×裕太

続いて裕太と恋人のフリをすることになった幼馴染の諒で。
BL界における優等生には、「狡猾優等生」タイプと「本当に真面目な優等生」タイプの2通りありまして、諒は確実に後者の人間です。
ただこういうタイプが幼馴染属性まであわせもってると、大抵ねっとり小さい頃から相手に想いを寄せている確率が高くてまあ諒も多分に漏れずこのタイプでした。

彼は陸上部に籍を置きながら陸上部のほうは幽霊部員です。
茶道の家元なのでこっちがメインの属性?
まあ着物のスチルは絶対あるよなって分かってるのに、それでも出てくるとやっぱり嬉しい。
パニック症候群とか、裕太の兄を異常に嫌っている理由とか、伏線が消化されないままベストエンドを迎えるこの恐怖。
うへへ(←恐怖のあまり思わず漏れる笑い)、これ絶対ヘンタイルートひでえんだろうなあ…と怯えながらベストエンドのスタッフロールを眺めるのがこのゲームの醍醐味です。(そうだろうか)



5周目 周平×裕太

ラストはブラコン兄貴で。
ベストエンドは長年の兄貴の想いがようやく実り、2人のラブラブ同居生活が始まります。
見合いまでもってけたんだから、なにをどう考えても兄貴は女の人と結婚したほうが幸せだったと思うのですが、BLゲームなので現実的に考えてはいけません。

これで全キャラのベストエンドを見終わりました。
…………
…………
……うん。


スチル全然埋まってねええええええ!!!!


え!?全キャラ攻略したんですけど!?
ベストエンド迎えたんですけど!?
エキストラモードでCG回収率を確認すると、ゲームのキャラから「もっとがんばれ」と叱咤される有様です。
薄々気づいてたけど、認めなくてはなるまい。
これから自分がすべきことは楽しい楽しいヘンタイルートの回収作業です(涙)。



その他

……というわけでヘンタイルート突入。
アパートを出てから本命に絞らず、ふらふら複数の男の家に泊まるとこのルートに突入します。
やーすごかった。
さすが「テーマはヘンタイ」というだけあった。
ラブエンドがほのぼのだった分、思いっきり油断してましたよ…。
特に心に残った性癖やプレイをまとめるとこんなかんじでしょうか。

>女装(芳賀)
芳賀はヘンタイルートでも意外とマトモだった……(これでも)
そして女装した裕太は本当に可愛かった。

>眼球舐め(諒)
唐突に描写される諒の女っぽさに「こ、これはまさか…」と思ったら諒受けがあった。
強引な展開すぎて笑った。
でも諒みたいなキャラは本当にヘンタイさにリアリティがあって怖い。

>獣姦(和泉澤)
櫻井は獣姦のスペシャリストに違いない…と怯えていたら、櫻井とはウサ耳プレイで済み(それもどうか)、真の獣使いは櫻井の従兄弟で893の息子というどこまでも危険すぎる和泉澤が担当していました。
大型犬に犯される裕太の絵面的インパクトはかのマスカレードソドム教(例のミカン)に匹敵するといっても過言ではない。

>ストロー(周平)
これはマジで怖かった。
さすが兄貴、ヘンタイゲームの中でも他の追随を許さないヘンタイっぷりでした。
排泄物系は絶対あるんだろうなあ、と覚悟はしていたものの過去の回想とか演出が怖すぎる。
こんなん小さい頃見てしまった諒はさぞトラウマになっただろうなあ……。
マスカレードのような異常な恐怖と違って、日常と隣り合わせの異常こそが一番怖いんじゃないか…と思いました。

絵面も相当だったけど、出てくる単語もいちいちすごかったです。
乙女ゲームや正統派アニメでもバリバリ仕事している方たちに、なに「このけ●まん!」「ぶっといおち●ぽ」とか言わせてるんだ(笑)
犯されすぎて狂った裕太の演技とか無駄に上手くて切なさ倍増。
ヘンタイルートはボイスオフにしておけばよかった……。



全体の感想

視覚と聴覚の両方から衝撃を与えられながらもなんとかスチルコンプ。
鬼畜眼鏡ほど選択肢は鬼畜じゃなかったしマスカレードほどシーンリストも多くなかったのでゲームの難易度としてはそれほどでもなかったかな。

裕太が思いの他、受けとして可愛くてベストエンドのルートは全員とっても楽しく面白かったです。
ヘンタイルートの部分をベストエンドの仲直りエッチ分に持ってきてくれたら(ベストエンドも全員仲直りHがなくそのままエンディングにいってしまったのが物足りなかった…)理想の究極といってもいいぐらいのゲームでした。
まあこのゲームは「ヘンタイ」を売りにしていてそれを分かってて自分もプレイしていたのでこの辺は全然妥協できる部分ですが。

やっぱ学園ものはいい!!
自分的に満足度の高いゲームでした。
ただ、ヘンタイルートが本当にアレなので人におすすめはしづらい(笑)


(2007.09.16)

テーマ : BLゲーム - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

鬼畜眼鏡 プレイ感想2 

※ネタバレしてます。


4周目 克哉(メガネ)×御堂

次は受け攻め両方楽しめるクールなエリート御堂部長で。
リーマンものに造詣の浅い自分ですが、若いクールエリートタイプっていうのは流行? それとも流行というより王道?
エリートに翻弄されるノーマル克哉が見てみたかったのでそれは後回しにして、鬼畜ルートの方から攻略。

イヤミな御堂さんに体でどっちが立場が上かを分からせるメガネ克哉。
誰かこいつ止めろ。
こいつに誰も勝てねえ……。
「貴様のしていることは犯罪だああ!!」の御堂さんの心からの叫びが正論すぎる。
このあたりのテンポはSpray得意のギャグで小気味よかったです。
キッチンに追い詰められた御堂さんが必死で抵抗しようと、オリーブオイルを投げつけた時はあまりのSprayクオリティに爆笑しました。
バカ!!なんでよりによってオリーブオイルなんだよ!!
それ塗ってくれって言ってるようなもんだろ!!(勿論それは道具として使用された)

レイプ・監禁のコンボだったのでバッドは当然かーなーり救いようなかったんですが、ベストエンドは気合入っててとてもよかった!!
粉雪舞う中、トレンチコートで愛を通わせるリーマン達……。
おお、これがリーマン萌えってやつか!ちょっと開眼。
片桐さんの時も思ったけど、鬼畜じゃないラブスチルはとてもよい。



5周目 御堂×克哉(ノーマル)

はい次は御堂が攻めで。
鬼畜眼鏡に泣かされてまくっていた御堂さんですが、克哉が眼鏡を外した瞬間から御堂のターンとばかりに今度はノーマル克哉を虐めます。
この豹変ぶりは克哉というより御堂さんが滑稽だったな……。

差分埋める程度の気持ちでやったら展開がかなり(というかほとんど)違ってて面白かったです。
まあメガネ克哉とノーマル克哉は全然別人だし、受け攻めも逆なので同じ展開のほうがむしろ無理が出てきそうですが。
売り上げノルマを引き下げる代わりに自分の体を代償として差し出す克哉。
体と仕事だけの関係なのに徐々に御堂に惹かれていくノーマル克哉……うん、この展開は好みだった。
そして、何回も言うようだけど、これも最後のスチルがよかった!!
ちゃんとリーマン萌え要素を抑えるあたりが分かってるよな~と感心。



6周目 克哉(メガネ)×本多

最後は同僚の本多で。
正直、初見は雑魚キャラとしか思えなかったんですが(すみません)プレイしてみた感触ではどうやらこいつが正規ヒーローっぽい……???
というわけで半信半疑になりつつも攻略は最後まで残しておきました。

曲がったことが大嫌い!熱血一直線でムードメーカー!!
こ、こいつはどうみても王様です本当にあry
王様が就職してこんなところに……と思うくらいには王様でした。
唯一違うところはバレーボールやってたってところか。
サッカーや野球はよく聞くけど(?)、バレーボールプレイヤーって女性向けゲームのキャラでは初めて見たので新鮮でした。
しかも克哉はリベロだったのか……あんまり意識したことなかったけど、結構バレーって萌えるスポーツかもしれない。

そんなスポーツマンでガチ気味な王様本多も、勿論鬼畜克哉の前では為す術もなくです。
学園ヘヴンのスタッフページで確かTAMAMIさんが「哲っちゃん(王様のこと)の受が見たい」と言っていた記憶があるので、おそらく欲望が開放されたのでしょうか。
本多受に対してもんのすごくノリノリなのが伝わってきました。
すげえ!!シナリオで「あ、ノってるな」というのが分かるのって初めてだ!
ノリノリが伝染してこっちまで楽しくなってきました。

最後、メガネを変えても鬼畜のままだった克哉がちょっと怖かったけど、「本来の自分を取り戻した」という展開はスッとしました。
克哉の過去も出てきたし、こいつはマジでヒーロー確定か。
ベストエンドはノリノリさもあいまって本当に面白かった!!
受け攻め争奪戦! これが見たかった!
ジャンケンを持ち出しながらも鬼畜克哉に勝てないヘタレ本多……う~ん、しみじみとライターの愛を感じる。
私は年の差があったら年下は受けがいい派なんですが、同い年だったらジャンケンが好みです。
学園ヘヴンの中嶋×丹羽好きの人にはたまらないカップリングだったんじゃないでしょうか。

それと蛇足ですが、本多の部屋のカレンダーの日付がが2005年だったのに泣いた。
背景作ってた時は2005年発売予定だったのか……っ。



7周目 本多×克哉(ノーマル)

プレイしてみて分かるのですが、なんと本当に本多がヒーローでした。
しかもこのカップリングがトュルーエンド。
すげえ、最後に取っておいた自分すごい!!

不思議なメガネがきっかけで周りの人間関係が少しずつ変わっていって、最終的にはメガネをかけなくても自分らしい生き方で生きられるようになった克哉。
そうやって本来の自分を取り戻すことが出来たのは本多のおかげだった……と、簡単にまとめると「鬼畜眼鏡」はこういうストーリーでした。
「本多は今まで見えてなかった色んなものに気付かせてくれる……まるで眼鏡みたいだ」というモノローグには爆笑しつつも不覚にも結構感動してしまった。

ストーリー面も、実業団との八百長試合云々が地に足ついてて興味深い内容だったし、萌え面でも勿論文句なく充実してます。
告白→返事保留期間→両思いの展開はやっぱりいい。
鬼畜展開ばかり見てきたからこういう展開は本当に和む。

CGもやたら充実してました。
1回のエッチで怒涛の4枚スチル放出には感動した。(差分含めたら二桁いくな…)
前代未聞だ!!
秋紀のスチルが少なかったのはこういうわけか!!
でもキャラごとのスチルはバランスよかったと思います。
この辺のクオリティがやっぱり高いんだよな~。



全体の感想

全体的なクオリティの高さはつくづくさすがだな~と思いました。
攻略の難易度すら鬼畜だったので結構エンドコンプは大変だったんですけど、ともすれば単なる流れ作業になりがちなエンド埋める作業も意外なスチルが出てきたり見たかったシーンが出てきたりして飽きさせませんでした。
腐女子だったら絶対考えるメガネ克哉×ノーマル克哉のカップリングもちゃんとおまけで用意してるあたりぬかりない。

特にフルコンプのご褒美がOPフルバージョン試聴可能っていうのが最高に嬉しかったです。
分かってる!!!なんて分かってるんだ!!
焦らしプレイ中にショートバージョンを中毒患者通り越して異常者になるまで繰り返し聞いてたからな!!
苦労の末にフルが流れた時のこの感無量さ、言葉に出来ない。
鬼畜度はマスカレードで慣れてしまったので、甘いエンディングのスパイスと捕らえられる程度で自分にとってはほどよい感じでした。

で、待望の次回作は……学園モノか!!久々に学園モノなのか!!いやっほう!!
塗りがオシャレになってて「こんなキャッチーなの認めないぞ!!」となりましたが、よく見たらパソコン使ってるやつのノーパソのブランドがSprayで、ダサくて爆笑しました。
あああ~次回作も本当に楽しみです!!!!
発売日が2008年内ってことは……正しい暦に直すと2009年7月??
いや、待ちますよいつまでも!! 


(2007.08.22)

テーマ : 鬼畜眼鏡 - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

鬼畜眼鏡 プレイ感想1

鬼畜眼鏡 通常版鬼畜眼鏡 通常版
(2007/10/12)
Windows

商品詳細を見る


※ネタバレしてます。

spray待望の新作です。
……まさかこのゲームの感想を書ける日が来ようとは……。
と、感慨にも耽ってしまうってもんです。
商業BLゲームを代表するといってもいいブランド「spray」の新作のテーマは「鬼畜」で「メガネ」で「リーマン」と、今までのsprayのイメージとは少し違ったものらしい。
だけど、「メガネをかけると鬼畜(攻め)に変身!」という情報の解禁により「この狂った発想は間違いなくSprayだ」と感嘆にも似た、いらん確信を覚えたものです。

なぜこんな懐古的な文章なのかというと、ぶっちゃけ記憶が薄いからです。
だってこの情報与えられたの3~4年前だぜ!!!??
記憶違いじゃなければ「鬼畜眼鏡」の開発って前作のピヨたんよりも早かった気がするんですけど…。
年単位でユーザーを焦らし続ける鬼畜眼鏡。
一向に書き換えられる気配のない公式サイトの「鋭意開発中」の文字を見るたび「これも鬼畜プレイの一環なのではないか」という疑惑が胸で一杯になりました。
あげく発売延期になった時は公式サイト自ら「好きだろ?焦らしプレイ」と全く謝る気のないキャラで公言されていたので、あまりの面白さにどうにかなりそうでした。
有り得ねー!!発売前からこんだけ面白いってさすがsprayすぎる!!!

2006年内→2007年春→2007年6月→2007年7月という、最高の放置&焦らしプレイを経て、ようやくユーザーの手元に製品が届いた時には、最早メガネをかけると鬼畜になるという非常識なことも「常識だろ」くらいにしか考えられないくらい思考が麻痺していました。
これもsprayの罠か……。
待たされた分、期待も大きかったのですがその期待に応えてくれる出来だったと思います。
え、それとも待たされすぎて逆に「面白くないハズがない」と思い込んでる!?
そんな当てにならないspray信者の「鬼畜眼鏡」感想です。



1周目 五十嵐×佐伯(ノーマル)

意気揚々と始めるものの、会社倒産か刺されて死亡かのバッドエンドを繰り返す。
あれ、え、なにこれ、難しい……。
メガネを外すタイミングとかけるタイミングがまるで分かりません。
勿論このメガネは度が入ってないので、単に「デスクワークで目を酷使するからメガネ使おう」とか「会議は重役の顔が見えると緊張しちゃうからメガネ外そう」とか普通の用途としてメガネ使ってたら即、バッドエンドです。(当たり前だ)
手に負えず攻略サイトに泣きついたところ、やっぱり鬼畜とノーマルの使い分けがミソのようですね。

メガネをかけた時の豹変ぶりに初笑いを奪われた。
髪の色も声優さんも一緒なんだけど、声優さんの喋り方もガラッと豹変するし(さすがプロだ…)髪型も目つきも全然違うのでノーマルとメガネVer.は同一人物には見えませんね。
下手したら男乱馬と女らんまくらい差があるんじゃないか。
これ、セーラームーンとか美少女仮面ポワトリンの世界だったら周囲の人間は確実に別人だと判定するぞ。
そんな解離性スレスレの人間に対して動揺しながらも真面目に応対する会社の様子がシュールで楽しかったです。

学園モノ好きの自分としては、リーマンたちは後回しでまず学生にロックオン。
主人公・克哉の通勤するルートの喫茶店で働いている大学生バンドマン・五十嵐攻略です。

うわわわわ~!!!ああもう!!!楽しい!!!!
このかんじだ!!さすが学園ヘヴンのシナリオの人だ!!!
萌えとか置いといて、とりあえずひたすら楽しい!心躍る!!
五十嵐の「うっわ、漫画みてえ」の台詞に感動した。
私は!!今!!sprayの新作をプレイしている!!!
……はあはあ、興奮しすぎた。

五十嵐はどこにでもいる明るい大学生ってかんじで、克哉に対しても「年上の友達」っぽい距離感が会話の端々に滲み出ていてうまいな~と感心しました。
あの「名前+さん」と、「基本タメ語+たまに敬語(~っすか)」がリアルでいい。

まあ明るいキャラと優しいキャラの意外すぎてむしろ逆にデフォルトの血族、893の血を五十嵐もひいていたわけだけどね!!!
…………
……
ていうか、なぜここまでテンプレ。
……ま、まあいいけど。
893の家柄に必須の二面性も五十嵐自体はそんなになかったし。

五十嵐はメガネをしている克哉は好きではない様子。
彼は自分の大型わんこ属性を自覚しているのかそうでないのか「匂いが違う」と誰も見抜けなかったメガネ克哉とノーマル克哉の新しい判別方法を見出します。
ノーマル克哉にほのかな想いを寄せている五十嵐を、メガネ克哉Verで陵辱できるシーンはものすごくテンションがあがった。
あそこまで「メガネを使う」選択肢に「いよっしゃああああああ!!!」となったことはなかった。
だっはっは!!!好きな人と同一人物だけど別人に犯される五十嵐!!
これだ!これが見たかったんだよ!!!!

結局カップリングは五十嵐×ノーマル克哉の年下攻めカップリングでベストエンディングなんですけどね。
でも鬼畜攻めよりは、幸せな年下攻めのがいいなあと思いました。
五十嵐、バンドで海外メジャーデビュー→克哉マネージャー業を頑張る→克哉への想いを込めたラブソング発売の流れはあまりのことにいっそ清清しかったです。
テンプレとかいったら負けだ、これはバンド系BLの立派な様式美である。

五十嵐のキャラの明るさは常に学園ヘヴンの明るさを彷彿とさせて、やっててとても楽しかったんですけど、強烈に学園ヘヴン臭を感じたのはやっぱりお互いの想いが通じてさあこれから本番って時でしょうか。
これこれこういう気持ちでこれだけこう想ってて……という告白の尺が異常に長いのに対して同性同士であることの確認が2行
やっぱりこれに尽きる。(私は学園ヘヴンをなんだと思ってるんだ)



2周目 克哉(メガネ)×秋紀

次は、鬼畜に変貌した初日っからホテルに連れ込んだ金髪美少年、須原秋紀(すはらあき)攻略。
このゲームの中では一番の年下なので自分の大本命です。
秋紀は高校生らしいが、いつもユニクロパーカーでうろついているため年齢不詳だったな……。
できれば制服姿を一目でいいから見たかった。

五十嵐がノーマル克哉に惚れていたのに対して、秋紀はメガネの克哉にご執心の様子。
あんな鬼畜に惚れこむあたりが、刺激的なことをしてみたい年頃っぽくて可愛かったです。
これ、五十嵐の時みたいに逆にノーマル克哉と秋紀の絡みがあったら神だな、と思ったけどさすがになかった……。(まあノーマル克哉は受で固定されているので、そうなったら秋紀が克哉を攻めることになっちゃうのか…それは無理がありそうだ…)

秋紀は予想よりずっと健気で可愛い子だった!!
もっとツンツンしてるかと思ったけどデッレデレじゃないっすか!!
克哉に振り向いてもらいたい一心で催淫剤仕込んだのにあっさりバレてカウンターくらったり、慣れてる振りして実は克哉が初めての相手だったりと神がかった展開に全米が泣いた。

予想よりも遥かに健気受けだったという嬉しさが、余計鬼畜プレイへの切なさを募らせてしまいました。
君みたいな可愛い子はもっと優しいお兄さんと幸せになるべきだよ~、と本気でキモいアドバイスをモニタに投げかけそうになりました。
なにが悲しくて自分の萌えキャラに携帯電話をつっこまなければならないのか。(最新の薄型モデルであることを祈るばかりです)

犬(五十嵐)の次は猫(秋紀)を飼い始めるトップブリーダー克哉。
これはこれで本人達が幸せそうならいいのか……。
もう少し秋紀の私生活を知れるエピソードやスチルがあったら嬉しかったなあと思ってしまうのは自分が秋紀に萌えているからか。



3周目 克哉(メガネ)×片桐

ここで会社のキャラを攻略。
うだつのあがらない課長のオッサン、片桐さん攻略です。
彼も鬼畜メガネVer.でしかカップリングは用意されてないみたいですね。
休日に上司のオッサンの家におしかけて、飼ってるインコ逃がしてオッサン犯して帰ってくる奔放ぶりに感動した。
まさにやりたい放題だ!!

その日を境にメガネ克哉はトイレだろうとオフィスだろうとところ構わずオッサンを犯し続けます。
ていうかこのメガネ、なんか精力つける力でも作用してるんだろうか……。
オッサン相手に「変態め」とののしって喜んでるメガネ克哉のほうがよっぽど変態だと思うのですが……。(鬼畜攻めに対してこれを突っ込むのは無粋か)

片桐さんは犯された後の態度が一貫しててよかったです。
うだつがあがらないけどちゃんと大人で、しかも彼の優しさがとてもよく伝わる!!
このキャラはこうだよなっていうのがハッキリしてて台詞と行動にブレがないのがspray、というかTAMAMIさんの持ち味だと思います。(まんがスクールの批評みたいだ)

乙女で無能なオッサンとドS美青年の組み合わせってなんか某日和の芭蕉と曽良くんみたいだな…と意識したらなんとなく声まで似てる気がしてきました。
インコも無事帰ってきたし、最後の同伴スチルはとてもよかった。
鬼畜成分って甘みをより甘く感じさせるスパイスなのかもしれない…っ。


(2007.08.22)

テーマ : 鬼畜眼鏡 - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

令嬢探偵~オフィスラブ事件慕~ プレイ感想2

※ネタバレしてます。


5周目 佐上胡雨

続いて海外事業部の佐上胡雨(さがみこう/CV.浜田賢ニ)さん攻略。
ネタ系担当に違いないと勝手に判断し、「ファムファタル」発言に高らかに爆笑しました。
同期の社員を表現するのに「エキゾチック」ってどうなの…!!
エキゾチックな彼の好物がカレーパンってどうなの…!!
実はカレーパンがこのゲームで一番笑った場所だった。

そんなエキゾチックな彼も、口を開けば全然普通。むしろそこがギャップ。
中身はまだ子供っぽいところが多くて、こいつは母性本能をくすぐるタイプですね!!
BL界でアラブジャンルが確立するわけだよ!!……と、勝手に納得。

幻の秘宝を求めて……暴いた真相は……彼は一国の王子様でした
そのまんますぎて逆に思いつかない展開!
というわけで無茶な転職シリーズ第2弾は、秘書からお姫様でした。
主人公、波乱万丈だなあ…。
「カレーの王子様」っていう題名の佐上さんの同人誌が読みたい。



6周目 金剛寺竜輝

正規攻略ラストは、傲慢社長・金剛寺竜輝(こんごうじりゅうき/CV.諏訪部順一)で。
乙女ゲー界におけるセクハラはスキンシップとしてみなされるので、社長は非常に社員思いで親しみやすいキャラですね。…ですね、じゃない。
冗談はおいといて、この社長も分かりやすいキャラでなおかつやり過ぎてないリアルさがあってよかったと思います。
令嬢探偵のキャラ付けは、さじ加減がこの舞台に非常にマッチしていていいと思う。

ここでようやくメインの事件と思われるお姉さま自殺の真相を追うわけですが、社長はお姉さまの婚約相手だったと発覚。
う、うーん、これは微妙にモヤモヤする展開だな…。
この展開でいくんだったらもう少しお姉さまと主人公の絆の深さとかを伝えて欲しかったかも。

そしてラストはめでたく社長婦人の座を勝ち取る主人公
……の、とんでもないバブルなスチルが見たかったー!!!
やったぜ、社長婦人になったぜー!という人生ゲームのゴール的なカタルシスを持ってこなかったのはやっぱりお姉さまへの負い目…?
なんでせっかく社長婦人になったのに老人ホームの相談をしなきゃならないんだという(笑)



7周目 御影戒徒

さて、メイン5人(康ニのぞく)の攻略データを累積して始めて攻略可能なお嬢様の使用人・御影戒徒(みかげかいと/CV.小西克幸)を攻略。
お嬢様と使用人という身分違いの恋、愛し合う2人を前に容赦なく運命の歯車が回る…!!
昼ドラみたいでいいじゃないですか。
小西さんの抑え目な声がいい。
こんな下僕キャラもなかなか珍しいと思うし、イケメンに傅かれて悪い気する女子なんていないわけですよ!
人目を忍んでハイヒールに欲情している戒徒のエピソードがマニアックでよかった。

戒徒を攻略しているとどうしても出てくる秋葉も無駄にいいキャラしてた(笑)。
挙句、秋葉と戒徒を指して「なんかホモみたい」という選択肢まで出てくる始末。
こんな選択肢選んで戒徒の好感度が上がったら大問題だけど、どうしても押したい衝動に駆られた。
私だって、腐女子なんです…!!!(戒徒の名台詞をインスパイア)

ラストの大ドンデン返し!!

お姉さまを殺した真犯人は戒徒だった!!

事件無事解決☆

って、マジかよおおおおおおおおおおお

こんな裏切られ方、ありか!!!!
まあゲームとしてはありかな!どっちだ!
他のプレイヤーがこれについてどう思ったか気になるところです。
主人公は本当に波乱万丈だ…っ。
バッドエンドの方がなにも知らない分、幸せだとすら思う(笑)。



全体の感想

キャラのバランスやシナリオの面白さで最後まで飽きずに楽しませてくれる良ゲームでした。
ただ、つっこみたいところもあります。
インターフェースのダサさと画像読み込むたびに訪れるあのガタつきは一体!?
既読スキップ機能がない乙女ゲームがまさか21世紀に発売されているなんて、にわかに信じ難い…!!!
SEがヒドい!!コンビニ袋開封するだけで異空間の音がする!!!
とりわけ、ガタガタするのと既読スキップ機能がないのは痛いです。
まあこれに慣れると、これからゲームするたびに「最近のゲームってすごいな…」と感動できると思うのでそれはいいんですけど(笑)。

よかったところ。
お嬢様のキャラが、純真無垢な世間知らずのお嬢様じゃなくて、ちゃんと頭の回転が早くて女の子らしかったところ。
それでいて主張しすぎない感じでよかったです。
あと、キャラに会えるのはランダムなんですが出没場所が決まっているので、攻略キャラに専念できることがよかった。
これは地味に本当に助かる。
別キャラのイベントが発生しちゃってスチルのネタバレ…ってなことになったり強制的に起こるイベントが共通…っていうのがないのでストレスなく進められました。

好きなキャラは1位・康ニ、2位・伊吹さん、3位・佐上さん…でしょうか。
康ニに会えた興奮は忘れない。
地に足の付いたゲームとみせかけて、割ととんでも展開が横行してたのは…主人公がお嬢様ってのと推理ゲームという冠に免じてご愛嬌ということで。
事件の内容が結構面白かったので、推理ファンとしても満足できる内容でした!


(2007.04.18)

テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

令嬢探偵~オフィスラブ事件慕~ プレイ感想1

令嬢探偵 ~オフィスラブ事件簿~令嬢探偵 ~オフィスラブ事件簿~
(2007/02/22)
PlayStation2

商品詳細を見る


※ネタバレしてます。

今回のゲームは推理要素も絡みつつ、オフィスラブを楽しみましょうという乙女ゲーム「令嬢探偵」です。
ピヨたん~…でも述べた通り、私は推理アドベンチャー大好きです!
犯人はヤス!こめいちご!104!!!
暴走してレトロなネタバレを喚くほどにはプレイするのが楽しみなゲームでした。

まあいざプレイしてみたら、「なにかとれ→ふく×3」はおろか、場所をカーソル操作で調べることすらできないバリバリ乙女ゲームだったわけですが…。
分かってた……分かってたじゃないかそんなこと!
乙女ゲームとして頭を切り替えてからはかなり楽しむことができました。
令嬢探偵、プレイ感想です!



1周目 浅海達弥

令嬢というからにはそれなりに令嬢なんだろうなあと思っていたものの、こいつぁマジでお嬢様だぜ!!
だけどお嬢様は社会に出ることを強くのぞみ、友菱商事の秘書として働くことに。
なんて偉い子だ。
その会社で入社早々、続々とイケメンどもと出会います。
角を曲がればイケメンと激突!書類を取りに行けば転んでイケメンと接触!昼休みにはイケメン使用人がお出迎え!!
……秘書ってどうやら相当楽しそうです。(単純思考)

で、1周目は新人研修を担当してくれてる浅海達弥(あさうみたつや/CV.結城比呂)さんをターゲットに設定。
入社したばかりの心細い時期にこういう優しいお兄さんの存在は、とても有難いものですね。
浅海さんの好感度をあげるため、質問される社会人としてのマナーを完璧に答えていきます。
こんなに一般常識が身についてるなんてきみは素晴らしい!と浅海さんに褒められますが内心心が痛い。
なぜならめちゃくちゃ攻略法カンニングしてるからな!!!
モニタの前にはカンペを仕込んだ社会不適合者が鎮座しているともつゆしらず、社会常識を身につけているお嬢様に好感を抱いていく浅海さん。

そんな風に浅海さんと仲良くしていたら、浅海さん893の息子だと判明。
私も及ばずながら多少の乙女ゲーム・BLゲームをプレイしています。
この手のゲームには多かれ少なかれギャップはつきものなので、普段おっとりしてる浅海さんが893の息子なんて想定の範囲内、そう、想定の……あれ、おかしいな、目から水が……。

事件を無事解決させ、父親の大事にしていた着物を奪還し、浅海さんと結ばれる主人公。
内閣官房長官の一人娘は秘書から極道の妻へと華麗なる転身を遂げ、この怒涛な展開はいっそ清々しかったです。
ミンキーモモだって、こんな無茶な転職しないぜ……。
主人公の人生は果たしてそれでいいんだろうかという気がしなくもないですが、これも愛ゆえってやつなのか。
事件がかなり面白かったです。
賭博に強い血を引く浅海さんの伏線が消化された時はスカっとしました。



2周目 伊吹想汰

次のターゲットは広報部署を担当している伊吹想汰(いぶきそうた/CV.岡本寛志)さん。
出会い頭に胸をもまれるなどのハプニングを乗り越え、自他共に認めるプレイボーイを攻略。
性格といい見た目といい声といい、かなり好感触です。

まあこういうナンパ系っていうのは得てしてドス黒い闇が心に眠ってるわけで…。
案の定伊吹さんも、当時付き合っていた彼女を事故で亡くしているという悲しい過去を背負っていました。
なので、付き合い始めると心の傷を癒すためかめちゃくちゃ甘え出す伊吹さん。
甘え……あま……!?伊吹さんなにか……様子が…!!??

伊吹さんの奇行の片鱗を感じる頃に観にいった演劇で、赤ちゃん言葉の男性が出てきた時は正直サウンドノベル並の恐怖でした。
まさかここまでやるとは思わなかった、乙女ゲーで赤ちゃん言葉プレイ……。

だけど努めて平然と、赤ちゃん言葉で返す主人公が心底凄い。
新人研修には「広報部の先輩が突然赤ちゃん言葉を繰り出した時の対処法」までマニュアルに組み込まれていたというのか……!!!
伊吹さんの声を演じていた方はOPも歌っているので、本業は歌手の方なんでしょうか。
この難しい役どころをよくここまで演じられたと思う。声優としてもすごく好きです。

そんなわけで伊吹さんの情緒は依然として不安定です。
熱を出して倒れた翌日にスパへ誘ってくるなど、情緒は勿論、体力的にもかなりの不安定さを見せ付けていました。
この人、本当に大丈夫か……!?(笑)

浅海さんの事件も相当面白いと思ったけど、伊吹さんの事件も面白かったなー!
亡くなった彼女からの着信アリ!これは素直にゾッとした!
事件の流れ上とはいえ、同僚が目の前で死ぬのはちょっとショックでしたが…。
伊吹さんには色々な意味で安定した生活を提案したいです。
ラストもハッピーエンドは報われてよかった!



3周目 四季健介

次は営業部の四季健介(しきけんすけ/CV.緑川光)で。
公式サイトには「薄幸キャラ」と書いてあるけど、位置付け的には彼がツンデレキャラだと思いました。
勿論あからさまなツンデレではないけど、それはまあ一応社会人でドツンデレというのは 少々問題だと思うので、ややツンデレというか。
10年前はぶいぶいツンデレキャラとしてその名を馳せていたんじゃないかと想像に難くないキャラです。(どんなだ。)

彼のギャップは素朴さ……?
ネギの使える部分を教えてくれたり、牛丼屋に連れて行ってくれたりします。
生活に根ざしたキャラはキャラ単体では全然ありだし乙女ゲームキャラとしても全然ありだとは思うけど、対お嬢様なのでどうしても卑屈感が拭えない。
どんなにかっこいいシーンでも「はっ、貧乏人めが」と心の中で見下してしまうのは私が心底お嬢様になりきれてないからでしょうか。
でも「お嬢様が社内恋愛」というのはこのゲームでしか味わえない設定なので、それを生かした二人のやり取りになってたのはよかったです。

今回の事件も面白い!
やるたびに事件が面白いのは予想外の収穫でした。
非常階段に出てくる半ズボンショタが、四季さんの双子の弟だった…というのは予想できなかったのでただただ面白かった。
コンクリ攻め、怖ぇええええええ。

事件が解決し弟も無事目覚め、お見舞いに行く四季さんと主人公。

……お見舞いに……。

!!!???

そこで主人公が目にしたものとは!!!!!!!!!!(勝手にひとりで盛り上がって続く)



4週目 康ニ

(続き)

な ん だ こ の 萌 え 弟 は

これは一大事!!一大事ですぞ!!!
慌てて四季さんのプレイを終わらせ昼夜のスチル差分を軽やかに埋め、四季さんデータの流用で康ニ(こうじ/CV.宮田幸季)に特攻。
康ニは夜の非常階段で会える半ズボンショタの幽霊です。

人のことおばちゃん呼ばわりするし、ためらいもせずスカートめくるし、ショタはショタでもヤンチャ過ぎて萌えが足りないな…と思っていた彼が!!!
四季さんの弟で!病院で眠っていて!!大人として!!蘇る!!!
私の瞳が獲物を射る輝きを放ち、乱反射し始めました(意味不明)。
いやー、これは興奮した。

ショタと過ごすアフター5も、あんな可愛いアフター弟を見てるのでどのエピソードとってもウホウホさせられっぱなしでした。
友菱商事の住所を教えてくれ、今から秘書検定受けて就職するわ!!
貴社に入社した暁にはアフター5の非常階段で小学生とイチャイチャします!!
主人公はデータ前半まで四季さんと過ごしていたはずなのに、そんなことを忘れすっかりショタコンです。
捜査もおざなりで、多分証拠押収する役目を持つ携帯には康ニの生足のデータしか打ち込まれていません(推定)。

事件を解決させて、今度は四季さんじゃなくて康ニとめでたくハッピーエンド。
ヤンチャショタから病弱薄幸美少年への成長は素晴らしすぎる。
今後乙女ゲーショタの成長は康ニを模範とするという法律を打ち立てて欲しいぐらいだ。
宮田幸季さんの美少年声もまたよくてさー。
まさかここまでの萌えが潜んでると思わなくて感動した!


(2007.04.18)

テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

愛と欲望は学園で~華麗なる夜の舞踏会~ プレイ感想

愛と欲望は学園で愛と欲望は学園で
(2006/12/28)
Windows

商品詳細を見る


※ネタバレしてます。

性を売るために徹底的に性教育を叩き込まれ、性のプロフェッショナルとなった学生を世に輩出する私立フルブルーム学園。そんな危険学園を舞台にしたBLゲーム……。

……買うしかなかった。

ショッキングすぎて爆笑必至設定の学園BLゲームです。
性と一口にいっても学園の中でも細かく専攻が分けられているようで、「アブノーマル科」「ホスト科」「ペットメイド科」「AV科」など、どこまでマジでどこからネタなのかギリギリすぎて、科のネーミングだけでいちいち爆笑へと誘います。全部ネタだと信じたい…!!
舞台は20XX年と時代設定はぼやかされており、ささやかながらリアリティへの配慮があります。
そうか、もしや数十年後にはこういった学園が設立されて…………いるわけない。
だけどそういった可能性もゼロではないかもしれない。だって未来なんだから。
そんなことを考えさせてくれる哲学的な切り口を孕んだ設定ともとれます(そんなことはない)。

プロローグシーンに出てくるキャラ説明から、「アブノーマル科最後の花!」「セックス界のドーベルマン!」「処女童貞(と書いてレアと読むらしい)!」など、普通に生きてたら絶対耳にすることがないであろう壮絶な単語と造語のオンパレードでめちゃくちゃ笑いました。
どこからつっこんでいいか分からない。
それにしても彼らのBL界ならではの白い制服が眩しくてたまらんです。
これは普通に萌える。
多分、数十年後の未来には「カレーうどん」なんて危険なメニューは学食から消え去っているんでしょうね。
ひとつひとつつっこんでたらキリがないのでさっさと攻略を開始します。



1周目 一ノ瀬夏秋×一ノ瀬夏秋

コミック原作なので、ゲームオリジナルカプはあれど、主人公総受ではなくカップリング固定ゲームです。
うお、これは「好きしょ!」以来かもしれない。新鮮だ…!

で、とりあえずざっとプロローグシーンで興味を持てたカップリングからロックオン。
アブノーマル科3年一ノ瀬夏秋(いちのせかしゅう /cv.川原慶久)× 腕章とヘソチラがトレードマーク・清掃員の一ノ瀬夏秋(いちのせなつき / cv.平川大輔)で。
苗字が一緒なので「兄弟か?」と思いましたが、よく見れば名前まで一緒。
どうやらこの2人、同姓同名で入学してきて書類が入れ替わり、希望する科とは違う科に配属させられてしまったらしいです。
「ねーよ」と一蹴したいところですが、そこはゲーム。そしてここは未来。
我慢して話の続きを聞いていると、希望する科とは違ったけどお互いは納得していることなど、なんとなく状況が読み込めてきました。

本来は清掃員をやるはずだったのにアブノーマル科という文字通りアブノーマルな学科に入学してしまうことになった夏秋さんが、実はいまだに処女童貞(レア)だと判明してから、ストーリー展開が俄然楽しくなってきました。
現・清掃員の一ノ瀬は、もともとアブノーマル科を希望していたので、当然のことながら相当アバズレです。
なのでアバズレならではのトラブル(可愛がってもらっていたヤ●ザの親分が乗り込んでくるとか)も当然あるのですが、処女童貞の夏秋さんにほだされている一ノ瀬は、脱・アバズレを決意。
そして、夏秋さんも不器用ながら一ノ瀬に思いを寄せ始めます。
うん、この関係はよかった!!!

ラストシーンでは必ず、打ち上げのコスプレパーティーがあります。
彼らはドラキュラ伯爵×神父で参戦。
そしてドラキュラ(処女童貞)×神父(アバズレ)はその夜めでたく結ばれるのでした…。
こういう純情少年が攻めの場合って、大抵受けがリードして事なきを得るのが多いのですが、彼は3年間アブノーマル科で実技以外の勉強をめちゃくちゃ積んでいたので、受けに教わらなくても全く何も問題がなかったのが新鮮で面白かったです。

一ノ瀬の清掃員腕章と清掃員衣装の色味は中の人つながりで、ラブレボのお兄ちゃんを意識…?
考えすぎか。



2周目 長坂薙×三森槐樹

続いてAV科の長坂薙(ながさかなぎ/cv.大里雅史)×アブノーマル科の三森槐樹(みもりえんじゅ/cv.萩道彦)。
組み合わせ表記の字面だけで常軌を逸しています。
なんだよ年下攻めかよ~、と萎えながら始めるものの、プロローグからかなりつかまれる入りで、プレイし終わってみたら一番好きなCPでした。

まず、長坂くんのキャラがとてもよかった!!
だって、AV科の成績優秀者なのにカメラの前じゃないと勃たないんだぜ?!(笑)
いやこれはむしろ、成績優秀者故の弊害なのかもしれない。
そしてアブノーマル科の三森さんはただアブノーマルな授業に慣れているだけで、至って思考はノーマルというところがよかったです。
そんな2人は、2人でプレイしたアブノーマルなセックスをカメラに収め、そのビデオを提出するという狂った課題を与えられているのですが、初対面なのに淡々とその課題をこなしていきます。
お……お前ら、それでいいのか!!!!
遠足のスタンプラリーの班決めだって普通はもうちょっともめるよ!!

三森さんの魅力によりめでたくインポテンツを克服した長坂くん。
このへんの展開はかなり面白かった。
しかし三森さんはアブノーマルプレイを叩き込まれているので、当然のように代議士に売られます。
この学園、どうやらそういう斡旋で金を搾取しているらしい…とんでもねえ。
インポを克服し、もはや無敵となったチョコボール長坂は、代議士のもとへ行こうとする三森さんを体で引きとめようとします。
おお!!!普段おっとりしている長坂くんがヤル気を出した!
いい展開じゃねえのこれ?!……と思っていたらあっさりと暗転

えええー!!!
一番見たかったシーンだったのに、この暗転はかなり虚を突かれました。
思わず修正パッチを探した。
バグだと信じたかったんだ……!!……が、仕様でした。
そして、このカプにこんなにも入れ込んでいた自分に気付く。
まあ最後に悪魔コス×天使コスで一応Hシーンはあったんですが、やる気を出した長坂くんが見たかったなあ…残念だ。
と、いうくらい長坂くんのキャラがよかったです。
BLゲームっていい意味でも悪い意味でも記号的なキャラが多いので、そういう角度から見ると長坂くんってつかみどころない割にキャラがたってたのでかなりお気に入りでした。
この2人声もとても合ってた。誰だろう…(無知!)



3周目 名神英姿×中牧遊水

ホスト科の名神英姿(ながみえいし/cv.伊藤健太郎)×ペットメイド科の中牧遊水(なかまきゆうす/cv.市来光弘)。
これも字面だけで相当笑える組み合わせです。
ちょっと一ノ瀬コンビや長坂×三森に比べて、キャラ付けがベタすぎるかな、という印象。
まあベタ大好きなので一向に構いません。
しかし!これだけは解せない!
遊水は見た目ばりばりショタっ子で、しかも処女童貞だっていうからものすごく期待してたのに、いざプレイしてみたら!なんと!!

すでに処女は名神に奪われていた……。

お、おおう……このゲーム、なぜ、大事なところを見せてくれないの……。
回想シーンでもなんでもいいから、その奪うシーンを見せろ、っつう話ですよ。
なんでも、処女童貞はこの学園では超レア(高く売れるから)なので、実技試験を免除されて手厚く保護されてるらしいです。
にも関わらず、恐らくルームメイトなので名神は我慢できなかったんでしょうね、我々の知らないうちに遊水を食っていました。
いわば名神はヤンバルクイナを撃ち落とした密猟者です。
き、貴様は……!!もう少し厳しく罰されるべきだ!!!
まあでも舞踏会での狼×赤頭巾ちゃんは可愛かった。

最後のスチルは爆笑しました。
すげー!!あの1枚の絵だけで名神がホストキングになったことがとてもよく分かる!(笑)
説明不要のあの分かりやすすぎる絵ときたらない。



4週目 両国一位×沢田喜緒

保険医の両国一位(りょうごくいちい/cv.一条和矢)×保険医助手の沢田喜緒(さわだきお/cv.鳥海浩輔)。
出たー!!!!みんな、保険医の時間だよ!!
やっぱり、学園ものときたら保険医の存在は欠かせません。
有能な科学者とか、その触れ込みだけで爆笑。
この両国先生、とにかくBL界における模範的保険医で本当に笑えました。
そうこなくっちゃね!と、なんでこんなテンションあがってるのか自分でもよく分からない。

そんな模範的保険医のあやしげな実験に、夜遅くまで付き合う沢田くんが非常に健気です。
沢田くんの頑張りを労い、出されるコーヒーのあまりの怪しさにこっちがコーヒー噴きました。
コーヒーにはまるで自然の摂理がごとく、催淫剤を仕込む両国先生の隙の無さときたらどうですか。
模範的すぎて惚れ惚れする。
BL界の保険医になりたいものはこの両国先生をよく見習うように。

教訓:BL界の保健室で出される飲み物にむやみに手を出してはいけない。

このCP、受けがものすごく好みだったのにやっぱりこれもすでにデキてる設定なんですよねえ…。
デキるまでが見たいのに。
まあ漫画原作だからしょうがないのかな。



5周目 浅葱高司×桜沢イオン

最後はメインっぽいCPで。
この恐ろしい学園を牛耳る学園長の浅葱高司(あさぎこうし/cv.飛田展男)×学園長の秘書を務める桜沢イオン(さくらざわいおん/cv.岸尾大輔)。
イオンは元学園生で、この学園の体制に戸惑いまくっていた頃、学園長直々にセックス実技を叩き込まれ、そして体よく学園長の恋人の座を勝ち取ったらしいです。
ふーん、なるほどねー。

っていうか、だからそのシーンを見せてくれよ。

やっぱり自分は、デキるまでの強引な展開が見たくてBLゲームをやっているんだということに改めて気付きました…。
本当、このカプも全然好きな組み合わせなだけに、馴れ初めが見たかった。
すでにラブラブな2人を見せられてもこっちはごちそうさまとしか言えないじゃん!
原作を読むしかないのか…うう…。



全体の感想

漫画原作だけあって、絵はめちゃくちゃ可愛いし奇麗だしスチル全部気合入ってます。
キャラの性格も、大袈裟過ぎず地味過ぎず、かつ王道の様式美を貫く姿勢が好感度高かったです。

カプ固定は全然有りでした。
ただ、デキるまでの過程を描いてくれた一ノ瀬コンビと長坂×三森は本当に面白かった分、デキてる設定の3カプが残念でなりません。
まあこれは自分への今後のいい教訓になりました。
これからはデキてない設定のゲームに手を出すことにします。

それと、これはプレイしていくうちに少しずつ分かってはくるんですが、この学園の授業内容が最も気になった。
普段どんな授業してるかっていうところをもっと見たかったなあという気がします。
「白衣にメガネのキャラは鬼畜でエッチに決まってるって教科書に書いてあった」とか、 「テストの亀甲縛りって答えを亀申縛りって書いて間違った」とか、端々に出てくるエピソードだけで気になって気になって…本当マジで普段どんな授業してんだよ?!(笑)
これも原作を読めば分かるのだろうか。

とにかく、とんでも設定のモトはしっかり楽しめたと思います。
まだまだ学園物はおさえていきたい所存です。


(2007.02.19)

テーマ : BLゲーム - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

マスカレード ~地獄学園SO/DO/MU~ プレイ感想

マスカレード -地獄学園SO/DO/MU- 通常版マスカレード -地獄学園SO/DO/MU- 通常版
(2007/04/30)
Windows XP

商品詳細を見る


※ネタバレしてます。

PIL/SLASHが最凶最虐BLゲームというとんでもないゲームを作ってしまいました。
もともと親会社が狂ったゲームばかりを作る男性向けゲーム会社で、今回新しくたちあがった女性向けゲームブランドPIL/SLASHでの第1作目が、1作目から飛ばしきっている「マスカレード」となったわけです。
放課後の学校に逃亡中の凶悪犯がたてこもり、人質に囚われた主人公達が体験する1夜の悪夢を描いた本格鬼畜陵辱作品。
ぶっちゃけほとんどのキャラクターがほとんどのシーンで服を着ていません。
ゲーム雑誌からざっと情報を得ただけでも、珍プレー・好プレーのオンパレード。
私は学園モノは大好物ですが陵辱系はどっちかというと鬼門です。
それに、いくら題名に学園がついているとはいえど、普通の学園生活とはほど遠いことくらい分かります。
なのに…なぜ……なぜかものすごく気になる…。
狂おしいまでの「ネタ臭」に負け、思わず購入ボタンを押してしまいました。



1周目 姫原×ヒロシ×姫原

ちょっとフルコンプできる自信がなかったので(何しろこういう系統のBLゲームは初めてなので)いきなり一番好みそうなCPでのエンドを目指してみました。
姫原って名前はすごく受っぽいですが、ガタイは結構いい感じで金髪眩しいツンデレ不良少年。
ゲーム開始早々、主人公を犯すというヤンチャくれぶりを発揮。
早えよ!!!!
「これから先こんなことぐらいで驚いてはいけませんよ」と言わんばかりの牽制球です。

主人公のヒロシはとっくに男子とまぐわっているという衝撃の事実が判明したところで、テンポよく凶悪犯が学校に侵入し、あっという間に服を脱がされ、あっという間にソドムの始まりです。
凶悪犯の指定してくるゲームはあまりにも狂ってて、モニタ越しで見ている者にとっては思わず笑ってしまうものばかりなのですが、人質にとられた彼らは命がかかっているので真剣にそれらのミッションを遂行しなくてはならないのです。
姫原の冷静なツッコミがとにかく的確すぎて笑えました。

噂のスカトロシーンも果敢に「ON」にしていたのですが、気合を入れて構えただけに割と衝撃は少なくてすみました。
気合を入れてないときに「マイク挿入」「尿道にワイヤー」がふいに出てきて「ぎゃー」となりましたが…。
うう、不意打ちだ…。
いくらラブエンドといえど、束の間の開放の時ですらやり始める姫原とヒロシにはちょっと違和感。
疲れてるだろ!休めや!
最後に事件が解決しても、うーん精神的ショックは絶対後に残るよな~と真剣になってしまった。
だけど、ヒロシがいじめられていた頃のジャージのエピソードはかなりよかったです。
本編に救いがないだけに、こういう過去の幸せだった時間に素直に心が温まりました。

さきほど姫原はツンデレだと書いたけど、もともとの性格自体がヤンチャくれているのでツンデレというよりは映画版ジャイアンと表現した方がしっくり来るような気がしてきました。
映画版ジャイアンがあの手この手で凶悪犯から恥辱を強いられるので、そういうのがお好みな方は姫原受けはオススメです。
つまりヒロシ×姫原はのび太×ジャイアン(映画版)です…。



2周目 八王子×ヒロシ×八王子

眼鏡でイケメンで心優しき天文部の部長(しかも生徒会長)八王子先輩。
たまたま天体観測をしようと放課後遅くまで残っていたら凶悪犯のたてこもり事件に巻き込まれてしまったなんて、ただただ不幸としかいえません。
これも、品行方正優等生のおぼっちゃんがありとあらゆる(そりゃあもう)恥辱を強いられるので、そういうのが好みの人にはオススメ。
八王子先輩だけ何故か全員分のフェラを強制させられるイベントがあるのですが、汁の量がだんだん増えていく違いもCGの数にカウントされているので集めるのが大変でした(笑)

ヒロシと仲のいい八王子先輩のことを姫原はよく思ってなく、なにかというとつっかかってきます。
それでもこの2人(姫原と八王子)がやるシーンとかもあるからな…。
本当にすごいゲームだよ…。
八王子とヒロシのエンディングもまあ別に悪くなかったのですが、この2人、今回の事件がなかったら絶対肉体関係にまでならなかったような気がするのでその辺の描写をもうちょっとつっこんで書いてほしかったと思いました。



3周目 点野×ヒロシ

バツイチ化学教師。
BLゲーに出てくる化学教師は得てして鬼畜攻めの確率が高いものですが、彼はおっとりしていて垢抜けない感じだったので偉く新鮮でした。
ヒロシも眼鏡。八王子先輩も眼鏡。そして点野先生も眼鏡。
この眼鏡率の高さは一体…??!!
凶悪犯に、「おいそこのメガネ」と呼ばれて「オレですか?」「僕ですか」とぞろぞろメガネキャラが出てきた時はあまりの高レベルなギャグに爆笑しました。

先生が眼鏡をかけていることもボーッとしていることも後々重大なストーリーの伏線になってるのですが、ラブエンドを見た時点では気づかなくってこれは後からすごいな~と感心しました。これはこの順番でプレイして正解だった。



大泉と高浦

ラブエンドもノーマルエンドもないキャラたちですが、彼らもソドムに巻き込まれてしまった被害者達です。
大泉は軽薄なテレビリポーターで、「こりゃ特ダネだ!」とばかりに教室に飛び込んだらあっさりつかまったという
そして高浦は、凶悪犯がたてこもっていると聞きつけてやってきた巡査。
「オレが助ける!」と勢いで教室に飛び込んだもののやっぱりあっさりとつかまる、 大泉以上のギャグキャラです。
この辺のテンポの良さは本当にギャグとして秀逸。

この2人はオナニーを強いられ、それでなにをオカズにしているかまで言わされるシーンがあるのですが、大泉が「昔の彼女とやってるとこ」と答えたのに対して高浦が「雑誌や映像の女の人の裸を想像している」と消え入りそうな声で答えたところが対照的で面白かったです。
あと大泉の喘ぎがリアルでよかったです。
声優さんが多分偽名を使ってるので誰の声だかはちょっと分からなかったんですがどこかで聞いたことがある気がするんだよなあ…。



4周目 ソドムエンド

さあ、これがある意味このゲームの真骨頂ともいえます。
数々のミッションをヒロシではなく他人にやらせ、自分は傍観し続けるという選択肢を選び、最後にビデオカメラと薬を拾うと発生します。
あまりの状況に耐え切れず、主人公のヒロシは自分の意識を切り離すことでこの現実から逃避しようとします。
犬(本当は人間)とお散歩したり、スタンガンで攻めたり、指棒とベルトで全員を叩いたりと凶悪犯の片腕として行動してるうちにヒロシの中でよからぬ快感が生まれてきます。
そしてふと漏らされる恐ろしいヒロシの発言。

「うちの学校、農業科があって―…。」

農業科がある。
それがこれほどまでに恐ろしい言葉になる日が来るとは思わなかったです。
あまりにも嫌な予感すぎて逆に爆笑しました。
まあ嫌な予感は悲しいまでに的中し、牛舎出てきた!!!!!!!
そっから先は…うん。新しい世界を知りました。

狂ったヒロシの暴走はとどまることを知らず、これがもうタガが外れすぎてて死ぬほど笑いました。
多少は鬱になったりもしたんですけど、最後のシーンが印象的すぎてそんなもん吹っ飛びます。

事件が解決した後、ヒロシは自身の経験を活かしソドム教を発足。
放課後の教室で全裸で若者のお悩み相談を受けています。
相談をしに来る者は年齢に幅がありますが、全員「ヒロシ様」とヒロシを崇め、もちろん全裸
そんなヒロシ様の説く悩みの解決法はミカンの皮を全裸の体の中心に被せゆらゆらすることなんだそうです。

「これは万物を生み出す生命エネルギーの象徴である男根に、覆い被さる絶対神が作り出した太陽から注ぎ込まれる愛を表しているのです」

本当かよ!!!!
つーかなんでミカン?!なんで被せるの?!なんでゆらゆらさせるの?!
つっこみどころがありすぎて死んでまうわ!!
この絵面がとにかくシュールでシュールで、これを笑わずに見れる人がいたらお目にかかりたい。
まさかこのミカン、農業科で栽培したミカンじゃあるまいな…。
狂いぶりをうまく言葉にできずもどかしいですが、 BL史上に残る名エンディングであることは間違いないと思います。



5周目 真相ED&ハッピーエンド

真相エンドでは凶悪犯の過去が知れ、すっきりした状態で事件が解決します。
点野先生と凶悪犯は双子だったんですね。
こういう昔のゲームを彷彿とさせる「グラフィック容量足りなかったのか?」みたいな展開は大好きです(褒めてます)。

そして、ハッピーエンドはあまりの幸せさに泣きました。
まさかBLゲープレイしてて泣くことになるなんて!しかもこのゲームで!!
逆夢オチというか、何事もなく無邪気に微笑むヒロシが泣ける。
ミカンかぶせてるの見た後だから余計。
服を着れるってこんなに幸せなことだったんですね。
当たり前のような日常って、何よりも尊くて何よりも幸せなんだなあ、とマスカレードでここまで考えさせられるとは思いませんでしたよ(笑)



全体の感想

まずOP曲が神。
購入を決意した理由の結構な割合をしめてたぐらい神です。
システムもかなり快適でプレイ中ストレスは全く感じませんでした。
ただシーンリストのシーンが異常に多いんですよね…。
コンプマニアの私ですら躊躇するぐらい多かったです。
どうしてそんなに多いのかというと、凶悪犯から「使えそうなものを学校から探して来い」と指令を受けるイベントがあるんですが、その道具×人数分×犯人の数でシーン別にリストがあるのが大半の原因かと思われます。

道具→試験管・トロフィー・鉛筆・鉛筆2本・ピンポン玉・なわとび・アルトリコーダー
人数→ヒロシ・姫原・八王子・点野・大泉・高浦
犯人の数→2人
7×6×2(-7(点野先生))=77

もうね、めちゃくちゃ大変でしたよ。
セーブ&ロードを繰り返して77回道具持ってきて男の穴に突っ込むの繰り返し。
回収中「私、今日本で一番有意義な時間の過ごし方してるな」と思い込んでいないと涙がこぼれてきそうになる作業でした。
こんな自虐的な作業も、PIL/SLASHから与えられたプレイの一種だと解釈すれば、後半からは割と本気で楽しくなってきました。
そうした苦労の末、「コングラチュエーション!」とバックにかかれたCG映像が現れ感極まりました。
やはり全裸で満面の笑みを浮かべる彼ら…。

なんていうかこのゲーム最高でした。
萌えツボとは全く違ったけど買ってよかったと素直に思います。


(2006.10.17)


テーマ : BLゲーム - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

ピヨたん ~ハウスキーパーはcuteな探偵~ プレイ感想

ピヨたん ~ハウスキーパーはCuteな探偵~ピヨたん ~ハウスキーパーはCuteな探偵~
(2006/04/28)
Windows

商品詳細を見る


※ネタバレしてます。

Sprayから待望の新作です!!
一流の探偵を目指す主人公は、ある事件を追うことを所長に命令され、風間エンタープライズの社長の屋敷にハウスキーパーとして潜入調査を行うことに。
探偵として事件を調査しつつも、BLゲーなので男だらけの屋敷で男とラブを育みます。
ピヨピヨ探偵、略して「ピヨたん」ね…。
最初は「びんちょうたん」的な萌えキャラなのかと真剣に騙され、この時点でSprayの罠にまんまとハマってました。

ハウスキーパーと聞いて、「ご主人様にご奉仕するにゃん☆」が決め言葉の淫乱で魔性な受けが館の住人を食い尽くす話かと思って購入を躊躇してたんですが…
体験版をやったら!主人公けが私好みの可愛い純情少年だった!しかも熱血で単純!
あまつさえ童貞だと公表した!!
いくら受けだとしても普通言わなくないか?!
そんなダイレクトなカミングアウトに感動、迷わず購入ボタンを押し、プレイする日を心待ちにしてました。



1周目 風間皐月×透×風間皐月

まずは、風間社長の弟でポルノ小説家の風間皐月(CVはヌレヌレでお馴染み鳥海さん)を攻略。
彼の得意とするジャンルは、緊縛師が華麗なテクニックで人妻を縛り上げる「緊縛物」。
里村さんが皐月の大ファンで、緊縛師シリーズの良さを熱弁したりサインをねだるシーンに普通に笑ってしまいました。
緊縛物エロ小説を執筆する小説家攻略…、このことから予想される「作品執筆を手伝わされ、あまりの卑猥さに赤面する主人公」「資料という名目で緊縛される主人公」という2つの事象が完璧な形でクリアされていたので満足です。

風月院先生はとにかく「君って童貞だろ?」だの(縛る紐は)ピンクと黄色どっちがいい?」だの (受けか攻めか)君が決めていいよ」だの、「そんなのこっちは知らねーよ!!!!」というような選択を迫られることが多くて笑いました。選択自体にこんなに笑わされたのはヘヴンの中嶋さんに「(ひとりHの時の体位は)仰向けか?それともうつ伏せか?」と聞かれた時以来です(笑)。

途中で1回緊縛されたので、ラストも勿論ドS緊縛エンドで間違いないだろう…と思っていたらなんとビックリ!!風月院先生、自らMだと激白。
女でも男でも受けでも攻めでもSでもMでもいける風月院先生の柔軟性に感動した。
オールマイティーすぎです。おそ松くんドンジャラでいうところのケムンパスです。
どうみても鬼畜担当と踏んでいたのにフタを開けたら意外とソフト…おお、結構萌える!
オールマイティーの前フリがあったので透攻めも割と抵抗なかったし。
そして眼鏡キャラなので勿論、Spray伝統(?)眼鏡有無の違いスチルあり。
伝統が受け継がれているということはやはり需要があるのかこのサービス…。
というわけでSprayは現在「鬼畜眼鏡」というゲームを鋭意開発中(なにが「というわけで」なのか)。



2周目 高屋晴×透×高屋晴

プリンス・オブ・ツンデレ!!!

高屋晴の99%はツンデレで出来ています。
魅惑のツンデロイド!ひみツのぶぶンはしんデもゆずレない!!
ツンデレ中のツンデレ!ツンデレによるツンデレのためのツンデレ!!

とまあそんな感じでこのキャラを一言で表せといわれたら「ツンデレアイドル」 としか表現できないぐらいにはツンデレだった高屋=ツンデレ=晴くんを攻略。
俳優の勉強を本気でしたいと考えている、今をときめく売れっ子アイドルです。
しつこいことは承知で更に説明を付け加えると、攻略中にも主人公の透に「もしかして…照れてる?」「素直じゃないなあ」などの対ツンデレのテンプレ台詞を吐かせ、本人も「バッ…そんなんじゃねえ!!」「別にこれはお前に言われたからじゃねえ!」などツンデレ判定協会もうっとりするほどのウルトラC級ツンデレ台詞で応戦。
自分がツンデレ好きかそうでないかはこの際置いといてここまで徹底的にツンデレに取り組んだ姿勢がかなり好感度高かったです。口元のホクロすらツンデレの証に思える。

主人公の透はどうみても受けっぽいけど晴より1個年上だし、何よりこのツンデレアイドルのツンデレ具合はそこはかとなく受けっぽい… こ、この2人、一体どっちが受けでどっちが攻めなの??!!
と最後までハラハラしました。
台本の読み合わせを一緒にしていたらイイ雰囲気になりキスしかける2人。
ん?!女役を透がやったってことはやっぱり透が受け?!
ああ、でも今度は倉庫で透が晴を翻弄してるからやっぱり晴が受け?!
ぐるぐるしてたら69を始める2人…。だからDOCCHIよ??!!!!
…いや、でもこの69スチルはとても可愛くてよかったです。百合カプならではというか。

結局私が最初に見たのは透×晴だったんですが、倉庫の時の選択肢変えたら晴×透も見れました。リバでした。だよねーー。
シーン回収のため、間違った推理ばっかりしてたら、デレ期の絶頂だった晴くんが一気にツン期に逆戻りするこの切なさ。

透は子供で可愛いから手を出したくなるのはこのカプ以外はなんとなく分かるけど(?)透と晴に関してはやり始めるのが唐突な感じがしました。
晴がわざわざ一般人の「男」に恋愛感情を持つ意味が分からん!!
ツン期のアイドルが事件を通して心を許せる相手を見つけた友情エンドで十分満たされる。
これは好みの問題か。

さて私は何回「ツンデレ」と言ったでしょう。



3周目 山崎充範×透

ツンデレアイドル晴のマネージャーで、風間社長と同級生の山崎さん。
見た目も地味だしスーツキャラで風間社長とどことなくかぶってるし、こいついる意味あるのか?と最初は思ってたんですよ、失礼ながら。
ところが、「優しそうに見えた彼がなんと実は……!!最後までずっと優しかった!!という究極の裏切りで、ノーマークだったぶん得した感も強いんでしょうが、かなり濃いシナリオに大満足しました。
何度「あまーーーーーーーーーーーーい!!」とモニタ画面に突っ込みを入れそうになったことか。

しかもこの山崎さんとは2回のHシーンがあるんですよ。
レイプ→お互いの愛に気付く→改めて本番、ならまだしも、両思い→H→事件解決→Hって何故??!!
そんなにBLゲーやってるわけじゃないけどこのパターンは初めて見ました。
世界のBLゲーが皆こうだったらいいのに…と思わせるぐらいこのパターンはよかった。

もともと優しい大人×女々しい受けは好きなカプなので私は大満足したけど、他の方はこれじゃ「あますぎ!」とか「ぬるいわ!」って思うのかなあ……って、いやいや!!
今の段階で公式サイトの人気カップリング投票がなんと山崎×透が一位!
時代は甘々カップリングなのか??!
チョコレートのエピソードも耳掃除のエピソードも思い返すと癒されます。



4周目 風間幸広×透

風間邸の主、若くして風間エンタープライズの社長、スーツが似合う超エリートです。
こういうお堅いキャラは得てして格好のネタキャラです。
案の定、「一度に全部は勿体無い」「透くんに汚いところなどない」「君はもう充分大人の身体だ」など、数々の名言で笑わせていただきました。
ポルノ小説家→ドS緊縛プレイも、おっとりマネージャー→鬼畜腹黒も、予想がことごとく外れてしまったので、そうか!!実は社長が鬼畜か!!と一縷の望みを託したにも関わらず…社長もやはりネジがゆるんだキャラに変貌するだけで鬼畜の「き」の字もありませんでした。
どうやら鬼畜成分は次回開発タイトル「鬼畜眼鏡(仮)」に全て注がれているようです。
(こう書くと私がものすごく鬼畜好きみたいですが、本当は甘々の方が好きです…)

順調に今までの3人は推理部分が面白かったのに催眠のくだりがちょっとリアリティに欠けた気がしました。
BLゲーに催眠薬などデフォですが(なにその偏った知識)このゲーム今までしっかりしてた分、出てこないって信じてたんだ…。



5周目 里村浩一×透

ワイルド×可愛い!!
めっちゃ好みだーーーーーーーーーーーーー!!
里村さんは透の探偵事務所の所長です。なにそのツボ設定。
他キャラ攻略中もちょいちょい里村さんが顔を出してきて、そのたびに里村さんがいい味出してるので「ああ、早く里村×透が見たい…。我慢我慢」と自分に言い聞かせていました。
(事実、里村さんがこのゲームの正規ヒーローだったので一回他キャラを攻略しないと里村さんを攻略できない)

酔っ払った里村さんが透に無理矢理キスして透が「ファーストキスがこんな汚いおっさんに奪われるなんて!」という展開になった時はあまりにも好みのシチュエーションで、萌えすぎて死ぬかと思いました。
…が、そのキスのエピソードはそれきりでその後に続かず超壮大な事件を真剣に追うふたり…。
いや、探偵なんだからそれでいいんだ!それでいいんだけど… もっとこう、2人の、あの、事件を通したキレイなつながりじゃなくてやましいつながりが…見たかったんだ…っ。
肝心のエロシーンも里村さんが普通に格好いい男になってしまって(そりゃそうなんだけど)もっとおちゃらけたまんまの方が萌えたなーと思ってしまった。

最後に事件が解決して泣く透にキスする(夕陽をバックに)シーンと、オトナにしてやると、透をショットバーに連れてくエピソードは萌えました。
このカップリング自体がツボすぎて、エピソードに期待かけすぎてしまったのかもしれません。



全体の感想

鬼畜がいない!甘々!!
イライラさせられるキャラがいなくてみんないいやつです。
しいていえば透の、探偵にしては低い危機管理能力と緩い涙腺にイライラさせられるぐらいです(笑)。
透の声の宮田幸季さんは喘ぎ声がめちゃくちゃうまいですねー。
もともとの声が女の子っぽいから喘ぐシーンもそんなに違和感を感じないというか。

あと、推理部分が面白いです。
もともと推理ゲーが好きなので、部屋全体が出て虫眼鏡アイコンで場所を調べさせられたり3択で犯人を決めさせられたりするシーンに気分が高揚しました。
一応推理部分では事前にセーブをかけるものの、全部一発正解してしまった。
相変わらずラブエンドへ向かう選択肢は間違えまくりましたが…。
やっぱり私BLゲーより推理ゲーのが得意なんじゃ。

金持ち社長、優しいマネージャー、トップアイドル、Hな小説家、探偵を装った刑事、って、BLゲーよりは女の子を主人公にした乙女ゲー向きの攻略対象キャラ設定っぽい気がしました。
なのでBLゲー特有のネタに爆笑することがなく普通に楽しんでしまった。
本来の目的とする萌えは十分いただいたのでそれでいいはずなんだけど何故かちょっと心残りです…(笑)。
鬼畜眼鏡に爆笑する準備をしとくか。


(2006.05.01)


テーマ : BLゲーム - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

乙女的恋革命★ラブレボ!! プレイ感想3

※盛大にネタバレしてます。

■8周目 鷹士お兄ちゃん

僕は 妹に 恋をする

ちょ…これはすごいですよ!!!
まあお兄ちゃんエンドはあるとは思ってましたがまさかここまで濃いラブエンドがあるとは!!

最低3週は(通常ED、兄グッドED攻略後が必須)クリアしないとみれない恋愛エンド条件といい卒業式の「ダイエット卒業証書」エピソードといい…このゲームのヒーローってお兄ちゃんだったのか!いや、冗談じゃなくて。
何よりすごいのがバリバリ血が繋がってるところがな…どうせ血が繋がってませんでしたチャンチャンだろ?と鼻をほじりながらプレイしてたら普通に血の繋がったままラブエンドを迎えて言葉を失いました。
大袈裟じゃなくてお兄ちゃんをプレイしてラブレボの評価が一気に変わりました。
甘々で優しくて一途に好きでいてくれて格好よくて…個人的に萌えたかどうかは別として、このお兄ちゃんのキャラはとてもよくできていると思います。

お兄ちゃんを語る上で外せない「無理T」ですが、夏バージョンもよく見たらさりげなく無理Tで笑いました。「普段は意味分からない服着てる」と表現する主人公にも笑った。
この無理Tとシスコンと2枚目なところと、でも超優しいところと一途なところのバランスが絶妙。
エピソードもイチイチ濃くて面白い。これはすごいぞ。



■9周目 一ノ瀬蓮

メインヒーローは最後にとっておこうと思ったのにうっかりメインヒーローのお兄ちゃんを先にやってしまったのでなんだかもう抜け殻で一ノ瀬さん(cv.櫻井孝宏)プレイ。
参照パラメーターは超鬼畜なんですが、こっちはもう手馴れてしまったので9月には一ノ瀬さん完全ときめき状態。デフォルトで死人が出てくる過去エピソードにも精神的に慣れてしまいました。とほほ。

最初の出会いで「お前みたいな自己管理のできないやつは嫌いだ(要するにデブお断り)」 →卒業式「最初の頃言った言葉は撤回する(痩せればいい)」みたいな流れはダイエットの成果が報われてよかった。
クリスマスにドレスをプレゼントされるのでそれにあわせて痩せなきゃならないし、イベントごとに必須パラがある鬼畜ぶりが(文系パラでオペラに誘われるとか)逆に燃えました。
これつくづく全キャラこういうエピソード入れて欲しかったなあ…と。



■全体の感想

□よくないところ
・主人公の性格がキツすぎて馴染めず。「私ってこんなに太ってるし…」とウジウジしてくれた方がまだよかった。
・デートの会話が少なすぎる。デブver.と痩せver.でセリフを変えて欲しい。
・鬱ルート途中でも普通にデートに誘われたりするのに違和感を感じるキャラが結構いた。

□よいところ
・BGMが神。特に10月、若月先生、橘くんの音楽が神。
・ダイエットシステムはハマる。
・遊び込める要素がたくさんある…けどそれはデート会話の方に回して欲しかった。
・立ち絵の種類の多さ。ちゃんと着替えてくれる!!
・若月先生の親父の普通バージョンと酔っ払った(顔が真っ赤)バージョンまであるのには感動。

□判別不能
・各キャラのストーリーが違うので新鮮といえば新鮮なんだけど…楽しい学園生活を一気に覆す鬱展開が多い。

それにしてもこれ1週が本っっ当に時間かかるんですよね…。
文章読んでくだけのADVなら分岐エンドは問題ないんですがシミュレーションで分岐があると倍時間かかるからキツい。
なのにコンプしちまったってことはやっぱり魅力あるゲームだったのか…うーん。
全体通してやっぱり一番のお気に入りは深水くん(成長のトラウマはあるが)。
でもお兄ちゃん・若月先生・一ノ瀬さんの3大ヒーローの魅力は確かに…と唸らせるものがありました。
人気ゲームでインチャネってことでキャラソンとか出るのが今から楽しみです。


(2006.04.13)

テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

乙女的恋革命★ラブレボ!! プレイ感想2

※盛大にネタバレしてます。

■4周目 木野村透

年下2人の攻略が楽しく気をよくした私は木野村くんにリベンジ(cv野島健児)。
野島さんは私の大好きな声優さんなので彼の容姿はこの際問題ではありません。
木野村くんは小太りでブ厚い眼鏡をかけ、漫研に所属しているおっとり目の男の子。
デートに誘っても「部誌の原稿がある」「限定フィギュアの発売日だから」などとあっさり斬られ、オタクの鏡である彼の毅然とした態度には思わず「そっとしといてやろうか…」という同士としての理解が生まれてしまうのですがここで理解してしまったら話が進まないので強引に映画や遊園地に引きずり出します。

推定で彼と同じくらいの体重までダイエットできたところで木野村くん突然の留学宣言。
本格的に映画の勉強をしたいらしく海外で3ヶ月ほど留学してくる…と。
…こ…これは…間違いない……こいつ格好良くなって帰って来るに違いない!!
何をどう考えてもビフォーアフターイベントフラグとしか思えないので、主人公も「3ヶ月も会えないなんて寂しい」と口では言いながら頭の中はそのイベントのことで頭がいっぱいなので言葉がどことなく浮ついています(ような気がする)。
いいからとっとと行きやがれと言わんばかりの態度で(ような気がする)木野村くんを送り出し彼のいない間は部活に励んで深水くんと親睦を深めたり好き放題してました。
1ヶ月後、主人公の家のチャイムが響き予定よりも2ヶ月も早く帰ってきた木野村くん。
そこには…予想通り見違えるほど格好良くなった木野村くんの姿が…!!!

あまりにも変わり果てて逆に爆笑しました。

乙女の王道イベントをギャグイベントに昇華するラブレボ、すげえ。
慣れない環境の変化で体調を崩したり眼鏡が偶然壊れたりとものすごい奇跡のハレーションを起こして帰ってきた木野村くんと過ごす後半の時間はやっぱり楽しかったですねー。
前から仲良くしてたので姿が変わって色めきたつ女子達とは一線を画して付き合える優越感。
恋愛エンドもグッドエンドも後味がよくて可愛かったのでそれもよかったです。



■5周目 神城綾人

儚げな薄幸美少年・神城綾人(かみしろあやと)先輩(cv.浪川大輔)。
病弱なので常にフラフラしていて、それでいて時々大胆な発言もする危なっかしい先輩です。
一緒に旅行に行けば勿論ブッ倒れ、文化祭では盛大に吐血し、クリスマスは当然のように入院した病室で過ごし、なんていうかもう…その…もう…重いよ!!!
彼と恋愛エンドルートに行くまでには神城先輩が入院してた時、病室が隣だった明るい男の子を死なさなくては話が進まないので、これがもう本当に超ド級の重さでした。
明日の命の保障もできないこの重苦しい状況で、とてもじゃないけどエステに行ってダイエットしてるなどとは言えない矛盾した雰囲気がプレイヤーを包みます。
グッドエンドでは確実に死ぬのは神城先輩の方だと思ったのですがなんとか死なずに持ちこたえました。
すげえ冷や冷やしました。それなんてサウンドノベル?

それでも最後には病気を治す薬が完成したみたいなのでそれは救われました(友達の死は本当に重いが…。)
浪川さんの抑え目の声はエロいな!!



■6周目 若月龍太郎

大人気ゲームのこの中でも特に人気の高い若月(わかつき)先生。(cv杉田智和)
保険医なので白衣なのは当然なのですが何故かヘッドフォンを装備して保健室でタバコを吸う不良先生らしいです。白衣とはそれだけで「白衣」という存在なのに更に「ヘッドフォン」と「タバコ」を投入したことが成功の鍵なのでしょうか。

若月先生のキーワード↓

「仕込んでやる」
「オレのものだ」
「教えてやる」

お前、某BL学園の中嶋さんの一族!!!!!!?????
(※実際のキーワードは違います。これは若月先生がゲーム中に言ったセリフ)
そう、若月先生はむっちゃくちゃ鬼畜攻めでした。
現実世界にこんな先生が存在してたら確実に逮捕されるほどのセクハラ発言を主人公に浴びせまくります。これだけキャラがたってたら人気が出るのも納得。

元カノとの過去話も大人ならではのエピソードって感じでよかったですねー。
ただ八百屋の息子って設定はやりすぎた感があるような。
鬼畜攻めが八百屋?!
勿論外していこうと思ってやったんだろうけどこのチョイスは少し微妙だった気が。まあ料理が得意というのはポイント高いと思うのでそれ故の八百屋だと思えば納得できないこともないが…。

その後エンディングでは八百屋の息子で一介の保険医が、なぜか主人公の家のマンションから都心高層マンションの最上階に引っ越して、夜景を一望しながら主人公と甘い夜を過ごしていました。 この経済状況…若月先生はやっぱり週末は歌舞伎町で夜王として働いていたのか…っ!!



■7周目 時田楓

季節はずれの転校生時田楓(ときたかえでcv.石田彰)。
超ロン毛で小さい眼鏡という、ゲーム界でしか存在を確認できない風貌の男が転校してやってきます。
転校生というのは得てして攻略が大変なものですが、彼はたった2週間遅れてやってくるだけなのでこのへんは転校生というよりは入学早々体調を崩してて気づいたらすでにクラスのグループが形成されていて取り残された子…と考えた方がリアルな気がします。
2週間遅れの彼との壁を失くそうと優しくデートに誘うものの「今日は髪の毛の集中トリートメントをしたい」 と断られた時はさすがに涙が出そうになりました。主人公のレーゾンデートルは時田くんにとって毛よりも劣るものらしいです。

ところがこの時田くん攻略時、ことイベントごとにライバルの百合香がしゃしゃり出てきます。
おー楽しい!!なにこの浮世離れした時田くんの風体とは裏腹に地に足のついた学園ラブコメ!!
ときメモGSでは友達がライバルになるので精神的にキツいものがありましたが、はなから嫌なお嬢様として登場してる百合香なので徹底的に戦ってやる!とダイエットにも力が入ります。
あげて喜ぶプレゼントも2万もしやがる香水やアクセサリーを欲する男子と違い、時田くんは「まりも(600円)」で大喜びしてくれるので非常に安上がりです。
百合香にも負けないくらいのスタイルと容姿を手に入れ、時田くんは次第にこちらも気にかけてくれるようになります。そしてそんな時田くんの実の正体は―……


殺し屋でした。


学園ラブコメこれにて終了。
サイコホラーの幕開けです。
だから!!なんで!!ここまで!!楽しかったのに!!!重いよ!!
百合香はお嬢様なのでそれを付け狙う組織から百合香を守るのが今回の時田くんの使命だったそうです。はい、組織いただきましたーーー!!(泣)
うう…今まで楽しかっただけにこのギャップが余計泣ける。
グッドエンドでは心が通じ合ったまま別れるラストで、恋愛エンドは彼の仕事を理解しながら一緒にいるというラストでした。これグッドのが主人公幸せじゃねえの…?
更にその後エンドでは自慢の髪の毛をバッサリ切った時田くんが現れ驚愕しました。
主人公が毛に勝てた瞬間ーー!!これだけはちょっと嬉しかった。


(2006.02.10)


テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

乙女的恋革命★ラブレボ!! プレイ感想 1

乙女的恋革命★ラブレボ!!乙女的恋革命★ラブレボ!!
(2006/01/26)
PlayStation2

商品詳細を見る


※盛大にネタバレしてます。

某テニスの学園祭ゲーム、無事全35人斬り&スチルコンプ&スペシャルボイスコンプ完遂に成功しました。
そんなわけで次のゲームは「乙女的恋革命★ラブレボ!!」です。
なんのこっちゃない女性向け恋愛SLGだと思うんですが、「主人公はなんと100kg!!」という衝撃のキャッチコピーと共に乙女ゲー界話題騒然のゲームだったので思わず手を出しちまった。
話題騒然といっても、ただ単に私がGS2の情報を血眼で捜してる時、発売が同時期のラブレボがやたら特集されていたのでたまたま目にした機会が多かっただけなのかもしれませんが…。

第一印象としてはアホかというくらい絵の色付けが異常に淡いです。
これはお絵かき掲示板の「パステルパレット」で描いたのか?
パソゲーならモニタのコントラストをMAXにあげていたところですよ…。
OPムービーに爆笑。キャラの見分けがつかねー!!

さて誰を落とすべかと取説を読むと主人公は2年生。
そして1年生が2人います。1年生が2人います。1年生が2人います。
おおおおお!!!!大抵こういうゲーム、攻略キャラ対象の年下は1人しかいないのに年下が2人もいるとは!!!神よ!!

その年下達はお楽しみにとっておいてノジケンボイスの木野村くんから着手。
ダイエットシステムのあり得ない難易度に早くもくじけ、ネットで攻略法をガン見しました。
それでも普通に起こるべくはずのイベントが起こらず10月の時点で木野村くんの攻略をあきらめる。
難しいな、このゲーム…。



■1周目 華原雅紀

木野村くんはとっとと諦め、気を取り直して4月からリスタート。
これまた同い年の華原雅紀(かはらまさきcv.三宅淳一)くん狙いです。
彼はスポーツ万能で頭もよく、明るく爽やかな人気者。
100kgの主人公にも優しく接してくれるのですが、そんな華原くんにもっと近づくために主人公はダイエットにいそしみます。
最初の木野村くんの失敗を教訓にし慎重にゲームを進めていきます。
手持ちの不用品を売りさばいたりバイトをしたりしてお金を貯め、サウナスーツとエアロバイクを購入し週に2kg痩せていくペース。お腹が空いたらローカロリーのおからクッキーで空腹をしのぎ、かなり本格的なダイエットに励みます。
ここで戦慄したのは通貨価値のリアルさ。
おからクッキーとかマジで高いんスよ。エアロバイクなんか2万近くします。
更に誕生日とかイベントに彼にプレゼント用意しなきゃなんないんですが「彼の喜ぶアイテム」が香水(1万2000円)ゲーム(6800円)シルバーアクセ(1万3000円)って…、お前らそんなとこリアルさ追求しなくていいよ!
高校生なんだからまだ「ベビースターラーメン(30円)」とか「ホームランバー(10円)」とかで良くない?

常に金欠を強いられつつ、自分もエステやエアロビクスに通ったりして更に逼迫していく主人公の経済状況。ダイエットよりも金無い方が怖いわ!!
とかいいつつ順調にダイエットは成功し、華原くんとも徐々に親しくなっていきます。
そして待ちに待った夏休みに行く彼との旅行!
ん?華原くんの様子がおかしいぞ…?

こいつ、デレツンだった………。

いつも明るい彼が実は暗い過去を抱えていた…!!
普段の明るさは「人を信じられないがゆえに適当な距離を保つための演技」だった…というパターンですね。
主人公の前で突然豹変し、冷たくなる華原くん。
だけど教室ではいつも通り明るい態度を取り主人公を困惑させます。
最後は勿論主人公の説得で人を信じ始めてみよう…という「デレツンデレ」エンディングなんですが、衝撃の鬱展開と、これダイエットした意味なくねぇか?という一貫しないシナリオに少々(というかかなり)不満。
テコ入れの方向がなんかおかしいだろ、これ…!!
まあ私は乙女ゲーは前述した「学園祭の王子様」と「ときメモ」しかやったことないのでイマイチ比較対照がなく、恋愛SLGとはこういうもんなんですと言われたらハイそうですかとしか言えないのですが…。



■2周目 橘剣之助

気を取り直して年下キャラ橘剣之助(たちばなけんのすけcv.檜山修之)くんを攻略。
「硬派なスポーツマンで、父親が極道の親分」とのこと。
制服のネクタイを結ばずひっかけるだけという斬新な着こなしをする彼はどうみてもただのだらしない子にしか見えないんですが、彼も学園の人気者なんだそうです。
華原くんの鬱展開トラウマがあるため、どうせこれも組の派閥抗争とか跡継ぎ問題とか色々鬱展開があるんだろ?ともういいスよどうでも…と半ば斜に構えてプレイ。

ところが檜山ボイスで「先輩、なんスか?」と話しかけられる…む、悪くない。
なんだよこいつ割と感情の起伏があるじゃん…!!!萌えるじゃん!
このキャラを年下に配属させるなんて…よくやった!!!

俄然ヤル気を出してダイエットに励みます。
もう慣れてきているので期間内にリバウンドしないと発生しないという鬼畜イベントすらも意のままに操れる。
ケンカは強いけど3人の美人な姉貴には逆らえない橘くん。
3人の美人姉貴を持ってしまった以上、橘くんは私の完全な萌え対象です。
夏休みに旅行に誘うと「フランスに行きたい」と橘くんはのたまい、主人公もあっさり承諾。
なんなんだこのセレブ高校生らは…。
それにしても橘くんはフランスに行きたいとか趣味の話をすると口ごもったりどうも何かを隠しています。
そしてクリスマスにとうとう激白。
橘くんはお菓子作りが趣味で将来パティシエを目指しているそうです。

き、キター!!!!
華原くんでやっちまった感のある「ギャップ萌え」をここでは見事に決めたぁーーーーー!!
まあポイントはあくまで年下ということなんですが。
卒業式は勿論橘くんお手製のホワイトデーケーキをプレゼントされ見事ハッピーエンド。
プレートのメッセージ「with LOVE」に横隔膜が痙攣するくらい爆笑しました。

ところでこのゲームは目新しいシステムとして「キーワード」というのがあります。
各キャラそれぞれに2通りのエンディングがあって、そこでストーリー上に出てくるキーワードを3つ回収していきます。
例えば華原くんのキーワードだったら、彼の親が働いてる宝石商の名前の「ニュクス」、彼が部活で使う「タオル」、エンディングで渡される宝石の「ジルコニア」という具合です。
このキーワードを最後に打ち込むと「その後の私たちは…」みたいなシナリオイベントが見れるんですね。こんな意味不明な単語を手入力してるとドラクエのふっかっつのじゅもん打ち込んでたこと思い出します。
橘くんとも無事エンディングを迎え、3つのキーワードを入力します。

1つめのキーワード「…なっ…!」
2つめのキーワード「…ばっ…、違…っ」
3つめのキーワード「…そんなんじゃ………ないっスよ…」


無情にも「キーワードが違います」と拒否されました。
まあこれは私がただ単に萌えた橘くんの台詞を打ち込んだだけです。
みんな!これがいわゆる「年下男・否定用語3段活用」だよ!ここテスト出ます!!
この3つのキーワードを作中で完璧に発した橘くんに対し、10時間くらいゲームやり続けてたハイテンションの我々が彼に最大の賛辞を送ったのは言うまでもありません。



■3周目 深水颯大

やはり年下は最高だ…。
調子に乗って本命のショタ・深水颯大(ふかみそうたcv.菅沼久義)くん攻略。
彼は小さくて可愛くて人懐っこい。
最初から「先輩、大好き!」と主人公に好意を寄せまくっています。
しかもダイエット宣言に対し「そんなことはどうでもいいからお菓子一緒に食べよう」と主人公を痩せさせる気が全くありません。
参照パラメーターを見ても75kgでベストエンドを迎えられるって……な、なんてこった!!この子、齢15にしてまごうことなくデブ専だ…!!!!
明るい子なのに暗い過去を持つ華原くん、極道の息子なのにお菓子作りが趣味の橘くんに続き、ショタなのにデブ専の深水くん、ってことなのか、これはぁ??!!
異常な性癖を持つショタというのは自分のどストライクなので(そうなのか)大興奮。

…かと思ったら話を進めていくうちに彼はとってもおばあちゃんっ子で、そのふくよかなおばあちゃんに主人公が似ていたので好意を寄せていた…という真実が見えてきました。
…深水くんは至ってノーマルでした。そりゃそうか。

「早く大人になりたいな」「また年下扱いして!」など、居酒屋における「とりあえずビール」的な最早挨拶ともいえるショタ発言で私を大変喜ばせてくれる深水くん。
なななななんて可愛いんだ…!!!!そんな彼と過ごす部屋デートや旅行や遊園地…。ああ、幸せだ…。
だけどこの幸せもそう長くは続きません。
そう、BLゲーならいざ知らずこれは男女の恋愛SLGなのでショタはあっさりと旅立ちます。
主人公のヒトミ(デフォルトネーム)と両思いになった途端深水くんは無邪気に尋ねます。

「ねえヒトミ先輩、これからヒトミちゃんって呼んでいい?」

「お断りだっ…!!!!!!」

おい、選択肢がどこにもないぞ!!拒否権をくれ!!!
お前は永遠に主人公を先輩と呼び続けてこそ存在価値があるんだよ…!!!!
しんかキャンセルボタンを連打しても(※ポケモンでいうBボタン)ストーリーは無情に進行していき、呆然とする私を置き去りに物語はエンディングを迎えていきました。

更によしゃいいのに「その後エンディング」も果敢に見てしまい予想はできたけど撃沈。
声替わりしている深水くん。身長が主人公より頭二つ分高くなっている深水くん。
あれ…っ、私の知ってる深水くんがどこにもいないゾ…!!!
「あのころのオレって本当にガキだったよな」と自己嫌悪する深水くんに、深水くんのおばあちゃんが危篤だった時にすらこぼれなかった涙が思わず頬を伝いそうになりました。
分かっちゃいたけどよぉ…!!!!ショタの賞味期限って本当に短いなあ、おい…!!
誰か2次元限定でいいのでショタの成長を止めるプログラムを開発してくれまいか。
まあ刹那の時だからこそ萌える、というのもあるんですけどね。
成長前の攻略期間は本当に楽しかったので許す(偉そうな)


(2006.02.10)

テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

24時、君のハートは盗まれる~怪盗ジェイド~ プレイ感想

24時、君のハートは盗まれる -怪盗ジェイド-24時、君のハートは盗まれる -怪盗ジェイド-
(2004/03/19)
Windows XP

商品詳細を見る


※ネタバレしてます。

spray以外にも良質のネタゲームを提供している企業はないのか?!と友達から借りてきたゲームがこれです。
題名からすでにかっとばしてます。
ほう、怪盗モノか…と取扱説明書を何気なくめくったら「主人公は魔法科に通う2年生」と早速我々を置き去りにした説明が。魔法…。
プレイしてみたらその「魔法」とやら、現実世界に一応納まりを見せていたので舞台は現在の日本です。
理事長の家に忍び込み盗みを働く怪盗ジェイドは学園(なんとこの学校、BLゲーにあろうことか別に孤島に建てられているわけでもないしあまつさえ共学)生徒の憧れの的。突然魔法力に目覚めた主人公の真(まこと/cv緑川光)は魔法科に編入して怪盗ジェイドとの事件に巻き込まれていく… みたいなストーリーです。

PC版フルボイスというゲームを初めてやったんですがなんかすごくお得な感じがしますね!
そしてこのゲームで特筆すべきはリアルタイムシステム。
素早くクリックするかクリックせずに見送るかで分岐が変わる選択肢が用意されています。
ボーっとしてたら受けか攻めかも変わります。
そんな数秒の差で豹変する真が何度やっても滑稽なので夢中で全員落としてしまいました。



1周目 紺野×真×紺野

紺野は魔法科の優秀な生徒。
そっけないけど不幸な過去を背負い、実は優しい彼… そんな彼を、主人公の真は怪盗ジェイドなのではと疑いをかけます。
疑いをかけるだけあって紺野の容姿は怪盗ジェイドとマジで似てます。
この辺単純にプレイヤーに期待感を煽っているのかキャラクターデザインを放棄したのかは謎です。まあいくら怪盗だといって正体を隠したり容姿が似たようなキャラが出てきたところでこっち(オタク)は声で一発で正体がわかるので無駄な努力という気がしなくもないですが…。

治癒魔法を得意とする紺野は夜中に寮を抜け出したかと思うと医者になるためにバイトしていたり野良ネコに餌を与えたりとテンプレート通りの行動をして逆にその基本に忠実な行動がかなり好感を持てました。
バーで真が酔いつぶれるシーンは迂闊にも萌えてしまった…!!
嫌がる真に無理矢理射精させるという行動も、のちに真の二日酔いを治す魔法だったと判明。

魔法ってすげえな…。

セックスの最中も尻の穴に魔法を施す紺野に爆笑。

魔法ってすげえな…。

紺野×真はまあ予想通りだったので真×紺野でもプレイしてみたら喘いでいたのは何故か 攻めの方のはずの真でした。
おい、紺野(cv.森川智之)の喘ぎを聞かせてくれ…。

紺野のシナリオは紺野を怪盗だと疑うところから始まっているので、全部興味深いエピソードで構成されていてとても面白かったです。



2周目 御崎×真×御崎

寮監・保険医・白衣・眼鏡と鬼畜フルコース盛り合わせみたいな御崎先生。
これは相当濃いプレイが待っているのでは…と思いつつも意外とソフトでした。
いやもちろん変態であることに変わりはないんですけど。
切り傷をしたので早速保健室にかけこむと「舐めて消毒してやる」だの「君の鎖骨の形は素晴らしいから水を溜めて舐めてみたい」だの言葉で攻められます。
こんな変態が好き放題してる保健室なんて自分が男の学生だったら死んでも行きたくないです。

どういうわけか(どういうわけかもなにもこっちがそういう選択をしてるからなんだけど)そんな変態御崎先生に次第に惹かれ始める主人公の真。御崎先生は心が読める魔法使いなのでHの最中もまあそういった方面で変態っぷりを炸裂させていました。いやいやこれはさすがに攻められないだろうと思ったら、うおーあったよ真×御崎!!
しかも御崎先生、男子高校生に攻められながらちょっと嬉しそうでした。
たった数秒の決断でここまでバリ攻めに生まれ変わる真。相変わらず攻めの癖に喘いでたけど。何故お前が…。



3周目 月村×真×月村

ひとつ年上で幼馴染みでバスケ部仲間の秀ちゃん(cv置鮎さん)。
唯一魔法が使えないキャラなので秀ちゃんルートでやってるとなんのこっちゃない学園BLモノです。
秀ちゃん以外の攻略ルートでは怪盗にウツツを抜かしている真に痺れを切らせた秀ちゃんが「お前もしかして大事なこと(バスケの大会)忘れてないか?」と問うシーンで 「そんなもんあったっけ?」と鬼畜な返答をしないといけません。そしてそれ以後秀ちゃんのポジションは怪盗ジェイドから予告状が届くたびに、ただの暗号解読の駆け込み寺程度の利用価値に成り下がるというこの切なさ。
秀ちゃんルートでようやく秀ちゃんを大事にしてあげられて嬉しかったです。

秀ちゃんルート以外でも常に現れる田村という男、こいつ落としたくてしょうがないんですけど… と思ってたら秀ちゃん×田村エンドがありました。これで我慢しておきます。



4周目 ユキ×真×ユキ

ひとつ下で兄弟みたいに育ってきたユキ(cv.阪口大助)。
でもユキは自分が魔法を使えることに引け目を感じて完全に心を閉ざしています。心を閉ざすゆえになんか常にカタコトで喋るユキ。
ユキ以外で攻略してるとカタコトキャラのままエンドを迎えてしまいますがユキ攻略だと徐々に心を開いて言語も次第に滑らかになっていきます。
そして長年の誤解が解けると昔の頃のように甘え出す!!これがいわゆるツンデレってやつか!!(←使いたいお年頃)
こういうキャラは嫌いじゃないんですが(声も好きだし)シナリオが魔法の力を付けねらう巨大組織がどうこうというのでちょっと退屈でした。
もっとこう身近なエピソードの方が萌えるんですけど、今までやってきたBLゲームで悪の組織が出てこなかったことがないのでひょっとしたらBLゲー界において悪の組織という存在は
とっても身近な存在なのかもしれません。

ジェイドルートの番外編みたいなので、秀ちゃん×ユキ、理事長×ユキが見れます。
突然第三者の文体になって、H描写有。これがあるからリバカプといってもユキは受けという印象が強いのかもしれない。



5周目 ジェイド×真×ジェイド

ジェイドの声は山口勝平です。キッドかーーーーーー!!!
と1万人中1万人が突っ込みを入れるところで自分も突っ込みを入れてからプレイ。
ジェイドが颯爽と現れ決め台詞を吐いて去っていきます。

「今夜はハートにカギをかけておやすみ」

………

……これだからBLゲームやめられない。

怪盗モノといえばルパンで有名な銭形警部の「ヤツはとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です」という台詞がありますがこのゲームで盗まれるのは主人公の貞操です。
もっととんでもねーーーー!!
(もちろんラストで主人公は「お前にキスも身体もハートも盗まれた」とのたまいます。この台詞が聞けて大満足。その後の「俺も盗まれたからおあいこだ」というジェイドの返しもすごかった。)
山口勝平は仕事を選ばないプロ中のプロという印象があるのでやたら3枚目の役も平気でこなしたりしていますが、ちょ、ちょっといいじゃないですか!!
3枚目の印象を払拭したこの抑え目の声!!!かっこいい!!(「ハートに鍵をかけておやすみ」とか言わされてる時点で仕事を選んでない気もしますがその辺は気付かないフリで)

ジェイド攻めも萌えたしジェイド受けも萌えました。
受け選択しても「話が違うんじゃないか?」「俺が真を抱いた方が自然だと思うが…」と最後まで渋る様子にここでようやくリアルタイムシステムの有り難さを実感しました。
途中でも「今からでも代わってやるぞ」とこの期に及んでなお受けを拒むジェイド。
そんなジェイドの受け声は……抑え目でとてもよかった!!!とてもよかった!!(2度言う)

それにしても最後までジェイドの正体に気付かなかった真って一体。
ベッドで素顔になったジェイドを見ても「どっかで見たような…」で済ます真って一体。
いやそれお前のバスケ部の先輩だろ、よく見ろ!!
この辺のフォローがもうちょっと欲しかった気がします。



全体の感想

怪盗や魔法という有り得ない設定の割にストーリーが破綻してなくて面白かったです。
ネタとしてはパンチが弱かった気がしますが受けと攻めの豹変ぶりはやっぱり今思い返しても可笑しい。
このゲームやってると受けと攻めの境界なんてさした問題ではないな、とまたひとつどうでもいい鍛えられ方をしてしまったような気がします。
個人的にはコントローラーを持ってないとゲームした気にならないのでこれはこれですごく面白かったけどやっぱりPSのBLゲーがやりたいなあ…。


(2005.09)

テーマ : BLゲーム - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

そして僕らは、...and he said プレイ感想

そして僕らは、そして僕らは、
(2004/01/30)
Windows

商品詳細を見る


※ネタバレしてます。

Sprayから発売されたBLゲーム。
好きしょとヘヴンのハイクオリティなネタにすっかり魅せられている上、主役の声が野島健児さんだということで購入を即決意。
ストーリーは主人公の赤井くんが映画作りのためその仲間達と孤島に撮影をしに行ってその先で起こる奇妙な事件をひもときつつ男と恋愛もするというストーリーです。
孤島・ペンション・神社の伝承など、完全に名探偵ジャンルを誘発させるキーワードが乱舞する舞台で強引にねじ込まれるBL要素。
しっとりした絵でストーリーもおとなしめな感じがしたので前の2作ほどネタとしては笑えないか… とか思ってたらそこはSpray、ちゃんと面白かったです。
いやー買ってよかった!!



■1周目 森本×赤井

本命の栗栖はお楽しみにとっておいてまずは気は優しくて力持ちキャラ森本@小西さんから。
このゲームのキャラは色で分けられているみたいですがまさに戦隊物のグリーンにふさわしいキャラです。落とし甲斐あるぜ!!
…かと思ったら序盤はやたら栗栖贔屓の選択肢しか出てこなくて焦る。
え、このキャラもしかして落とせないのか…とか不安になりつつも彼の愛する(推定)自然をプッシュしたりと必死でなんとか森本ルートに持っていきました。
初回プレイなので森本の元彼女の話に驚愕。
こ、こんなノンケな会話、学園ヘヴンにはなかったぞ…?!もしかして今作は「リアリティ」がテーマなのか…?!
俄然盛り上がりコントローラーを持つ手にも力が入ります。

しかしこのゲームなかなか難しく、森本とベッドインする前に普通に2回赤井君死にました(笑)
バッドエンドで人が死ぬってお前、サウンドノベルじゃないんだからよう…!!

2度ほど死線を彷徨いつつも「ロード」という魔法の呪文で赤井君は復活を遂げ、お互いの想いを告白し事件も無事解決。
事件解決後いよいよ本格的に映画の撮影が始まるわけですが撮影の描写が6行くらいで終わりあまりのおざなりさに爆笑。
おい、お前らここに何しに来てんだよ、6行かよ…!!わ、私はこの笑いを求めていた…!!!

そして島で過ごす最後の夜にめでたく森本と結ばれハッピーエンド。
告白した後からエッチまで10日近く間があるっていうのも学園ヘヴンになかったリアリティで萌えました。森本と寝たことにより赤井君の除霊能力が消えたという展開は萌えつつも爆笑。
森本のランニングシャツはどうかと思ったけど(笑)PC版では違うのかな…。



■2周目 藤堂×赤井

森本ルートが意外なほど面白く、すっかり水を得た魚のようにイキイキとした私は間髪入れずに藤堂狙いでプレイ。
眼鏡をかけたおぼっちゃま(声は高橋広樹)、女をこっぴどく振る出会いのエピソード…。
もしやヘヴンで言うところの中嶋さん系の鬼畜タイプか…?!と思ったら本当にその通りでブランデーを口移しで飲まされるところから始まり、仲間が誘拐されて揉めてる夜にレイプされるわしまいに最後は3Pを持ちかけるわでやりたい放題でした。

バリバリの鬼畜タイプにはあまり萌えないんですがこの藤堂という男、微妙にズレているところがあってその微妙さが上手く説明できないんですがなんだかいいです。
「……オッケ。」「…ったよ。」などかなりの名言も残しています。
人生に退屈しきっているという理由で非科学的な霊現象に興味を持っているキャラなんですが霊関係になると人が変わったように食いつきがよくなるのが可愛いのかもしれない。
あとは蒼山と赤井君の仲を執拗に煽ったりするところも可愛いな。

それにしてもこのゲーム本当に難しい。
何度栗栖に殺されたことか(笑)。
藤堂に犯された後何度も栗栖に殺される赤井君…ふ、不憫すぎる!!
まあその分ベストエンドを見れた時の感慨も大きいってもんですが。
高橋広樹さんの声が萌えを助長させてる部分もあったと思います。
森本ルートと結構ストーリーが変わっていたので新鮮で面白かった!



■3周目 赤井×栗栖

というわけでここで本命の栗栖に着手。
可愛い容姿で監督の赤井君を慕う俳優の卵…!!年上×年上のことを尊敬する年下…!
もう死に疲れたので(笑)この時点で攻略サイトを網羅。
さあ2人を阻むものはこれでなくなった!!来い栗栖!……と期待してたら期待しすぎたのかあまり萌えなかったです。…あら?
悪霊に取り憑かれるというシナリオが悪かったような気がします。
後半になってくるとほぼ悪霊に乗っ取られてるし、これじゃ栗栖の可愛さがあまり堪能できないではないか~!!
赤井君が攻めとしては優しすぎたっていうのもあるかもしれないけど。

それにしても序盤は栗栖からかなりの勢いで赤井君に迫っていたので最後まで「え、これどっちが受け…?!」とハラハラしてました。
PS版なのでそれでも曖昧なんですが「赤井さんいじわるだった」とか頬染めてつぶやいてたのでこれは栗栖が受けで間違いない…だろう。

栗栖でどうしても突っ込みたい点はやっぱり2万円のシャツ。
なんであれが2万円…。思い返すたびに笑えます。



■4周目 蒼山×赤井

恐らくメインヒーロー(?)蒼山。
高校時代からの親友で映画の趣味や霊的な力の秘密も共有しているよきパートナー。
「親友」というフレーズにはあまり食指が動かないのですが藤堂に指摘されるほど蒼山は赤井君に惚れていて、ねっとりした視線(※3Pエンド時のオフィシャル表現)を赤井君に送り続けています。
こういうムッツリタイプが高校時代から悶々と赤井君に片想いしていたかと考えると萌えます。

シナリオも凝っていて2パターン共面白かったです。
どちらかというと「同調編」より「過去編」の方がトュルーエンドなのかな。
そんなねっとりとした蒼山の片想いもついに身を結び赤井君と両想いに… いざ赤井君とやるとなるとよっぽど嬉しかったのか今までの無口なキャラから立派な変態攻めに豹変する蒼山に驚愕。
特に「過去編」ではそれが顕著です。端的に言うと蒼山が赤井くんをハメ撮りするわけなんですが
えええーー!!カメラマンってこんなところでキャラ立ちさせなくていいよ!
メインヒーローがハメ撮り…!!
お前こんなキャラだったのかよとつっこまずにはいられないまさにホントのオレ、デビュー状態(2ウィークアキビューのCM調に)
ヒいてる赤井君(当たり前だ)は可愛かったですが。

そして3Pエンドの蒼山は不憫で萌えます。



■その他

攻略キャラ対象ではないけどブラック×赤井、ブラック×グレイのシーンも見れます。
カプ傾向としては嫌いじゃないけどゲームの中ではやっぱり浮いている印象。
これは是非PC版で見たい。

そして「リアリティ」を求めたためか撮影メンバーに女優・佐倉がいます。
だけどこの佐倉のスチルを見るのに一番苦労した時点で最早リアリティもなにもあったもんじゃない気がしますが。
勿論彼女を落とせる選択肢はどこにもなくBLゲーにおける女の子の存在意義のシビアさに戦慄しました。
それでも健気に「私の部屋のぞかないでね」など釘を刺す彼女が切ない。
本当に男たちは彼女の言いつけを守り、彼女の部屋に一切近寄らず壁2枚隔てて男同士で3Pとか始めてます。…切ねえ…。



■全体の感想

そんなわけで夢中になりすぎて24時間以内でスチル&シナリオコンプ。
ストーリーがとても面白くて飽きずに進められました。
分岐点もセレクトボタンでちゃんと見れてコンプを目指す人にはとてもいいシステム。
そして「真面目にやろう」という姿勢が逆に面白くやっぱりつっこみどころがいっぱいありました。
攻略キャラ対象がちょっと少なめなので自分のドツボにハマったカプはなかったんですがそれでも大満足です。


(2005.07)

テーマ : BLゲーム - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

学園ヘヴンおかわりっ!プレイ感想

学園へヴン おかわりっ!学園へヴン おかわりっ!
(2005/02/24)
PlayStation2

商品詳細を見る


※ネタバレしてます。

というわけで待ちに待った学園ヘヴンおかわりディスク。
改めてこのゲームの操作性のよさとキャラ萌えを再認識させられました。
PS/PCともにフルコンプですっかりキャラに愛着の湧いた私にとってはまさに夢のゲームです。
ストーリーはというと、MVP戦を恋人と優勝し幸せな学園生活を送っていた啓太に指輪が偶然はまってしまった(しかも全く偶然左手の薬指に)!
その指輪は学園七不思議のひとつではめていると不運になるといういわく付きの指輪で…という早くもツッコミどころが七つくらい挙げられて非常にワクワクするストーリーになっています。
なんとこれ、キャラによって全くストーリーが違うのでひとりひとり攻略した順で感想書いて行きたいと思います。



■1周目:成瀬さん

成瀬さん×啓太カップリングの基本テーマが「こんな格好いい男の人が何故俺なんかを?!」な気がするので今回のシナリオはそのテーマを全面に押し出していてとてもよかった!最初なのでこれもまた面白いと思ってたけど振り返るとストーリー自体は結構微妙だった気が。まあ基本的に成瀬さんにモテてる啓太の図はそれだけで幸せなので今回も非常に幸せだったです。
しかし伝説の部長が最後まで姿を現さないのは気になった…
幽霊テニス部部長…気になる。



■2周目:岩井さん

重いわ!!!!!(笑)
2周目にして早くも指輪と全く関係ないストーリーと重苦しいBGMが啓太を取り巻く!!
というか早い話が不運の指輪をはめた啓太のにわか仕込みな不幸など、生まれ付いての不幸人岩井さんの前では全くの茶番だったというお話ですよ。
さすがに今回はリスカはしてないですが相変わらず岩井さんのしみったれた感じが最高でした。

折角だから今回は親子の確執とか関係ない明るい話が見たかった気もしますがまあそれでこそ岩井さんというかんじなのでとりあえず満足です。
屋上でのラブラブエンドも萌えた!!



■3周目:篠宮さん

まずいきなりふたりの入浴シーンに爆笑。
涙出るほど笑いました。学園ヘヴンはこうでなくっちゃね…!!!
ストーリーも10人の中で一番面白かったです。
マトモに指輪の経緯を調べて推理して外したストーリーって篠宮さんだけだった気が…?!
指輪関係のストーリーも面白かったし、篠宮さんが薬指に指輪をはめている啓太に苛立ったり自分だけ「啓太」とファーストネームで呼んでないことで不安になったりとカップリング的にもおいしい&萌えな要素がつまっていました。

入浴シーンも大概笑ったけど同衾シーンも爆笑だったよ…
篠宮さんが啓太をファーストネームで呼ぶところも一番いいところなのに爆笑だった…
とにかくめちゃくちゃ面白かったです。
もしかしたら自分は結構篠宮さん×啓太が好きなのかもしれない。



■4周目:中嶋さん

おしおきプレイ健在で狂喜乱舞。
いきなり「今日は豪華なコースがいいか?それとも興味深いコースがいいか?」と問われ滅茶苦茶悩みました。
悩んでたら勝手に選択肢が消えて「決められないのか…」と中嶋さんになじられる!
え、待ってこのゲームいつからリアルタイムシステムになったん??!!
というわけでかなり真に迫ったおしおきをゲームで体験できました。
前作で家庭用ゲーム機にも関わらずとんでもない喘ぎ声を我々にお届けしてくれた啓太@福山潤の喘ぎ声も健在。なんでこいつ中嶋さんとの時だけこんな色っぽく喘ぐんだろう(笑)。

ストーリーもまあ読めたけど面白かった。
中嶋さんは何をやってもやっぱり中嶋さんだった、ということで。



■5周目:王様

う、うーん王様のキャラ自体はとても好きなんだけどカップリングになると微妙…。
PC版は萌えたのに。
思うに王様が爽やかすぎるのがいけないんじゃないかと。
もっと性欲が顕著で常に啓太に欲情してる王様とかだったら萌えるんだが(あまり一般大衆向けじゃないか)
キスしてても他のキャラと違ってエロスが足りねーー!!

でも、見知らぬ男が自分の部屋に入ってナイフ向けてた直後に速攻で宿題の心配をし始める2人に爆笑。
お前ら恐怖から立ち直るの早すぎだろ!!名探偵コナンか!!(笑)



■6周目:七条さん

啓太、猫耳モード!!!

爆笑&爆萌え。この猫耳モードだけでもこのゲームを買った価値は十二分にあった。
まず和風洋風中華風の選択肢にひとしきり爆笑したあとの猫耳モードなので殺す気かというくらい笑いました。
妖しい術式を啓太に繰り出し勝手に興奮を覚えてる七条さんは非常に「らしく」て萌え!
彼は特にお灸が気に入った様子で、「そういうプレイみたいでいいですね…」と大変ご満悦の様子でした。

そのあと猫耳が原因で喧嘩するくだりはちょっと強引だった気もしますがベッドでの会話もふたりらしくてよかったと思います。
…ま、何はともあれ猫耳モード(しつこい)。



■7周目:西園寺さん

唯一のリバ可カプは今回も健在。
がんばって啓太受けを目指したものの今回選択肢が少ないので前回より更に受け攻め可決の攻防戦がスリリングになってました。
まあ初回プレイは見事に啓太が攻めを勝ち取ってしまったわけなんですが…。

あれ、おかしいなどこで間違ったんだ…と何回かやり直したらなんと受け攻めの分岐点は啓太が高級茶葉をこぼした時に発生すると判明。
啓太の親もまさか茶をこぼした時の反応いかんで大事な息子が傷物になるたあ予想できまいて。

受け攻め可能な西園寺さんはおかわりっ!でもキャラに深みが増した気がします。
「俺は男だ…!お前には何度も教えてやっただろう」とかいっちゃって萌えた!
個人的にはやっぱり西園寺さんには綺麗攻めでいて欲しいな~。



■8周目:和希

和希だからトュルーエンドか?!と思いきやあまり指輪と関係ないストーリーでしたね。
今作のゲームのテーマが指輪というより「運だけが取り得の俺が不運になったら、才能溢れるマイダーリンに嫌われちゃう!」ということだと考えればそのテーマが全面に押し出されたこのシナリオはやっぱりトュルーエンドなのかも。
データを消去されて自分の部屋にも入れなくなった啓太を自分の部屋に呼んだり授業中は教科書を見せて一緒に授業を受けたり和希にとってはおいしいハプニングだったということなんですが、一緒に授業受けるエピソードは同学年カプならではでよいですね!

啓「パジャマ借りちゃってゴメンな。ちゃんと洗って返すから…」
和「パジャマなんてほとんど着てなかったろ


この台詞に死ぬほど爆笑。
すでに笑いまくった今回のゲームで一番笑いました。
(ただ単にゲームのやりすぎでナチュラルハイだっただけか…)
同学年として授業を受けつつ発言に親父臭が漂う!!
隠しきれてないぞ和希!!
この台詞が見れた(聞けた)だけでも幸せです。櫻井さんの声は良い。



■9周目:滝

地雷かと思いきや意外とよかった!!
色気もへったくれもない2人が可愛くて可愛くて!!
啓太が黒いジャージ着て汗を流しながら滝に軽口叩いちゃったりなんかして…啓太って「受け」という人間だと思ってたのでこういう普通っぽい一面を見ると違う意味でときめく(笑)。
指輪が外れないので指輪の価値が「啓太込みで10万」と査定する会計コンビにも笑いました。
伊藤君込みなら買おうと思ったのに…とのたまう七条さんとか(笑)。

常に色気のない滝と啓太だけど、滝は久我沼に犯されてたんだよな~と思い出して萌え。
今作でそんなエピソードは微塵も出てこなかったけど。



■10周目:海野先生

今回は前作であまり問題視されてなかった先生と生徒の禁断の愛ゆえの悩みにとうとう ……ではなく弱そうに見える海野先生もちゃんと男で、啓太のことを支えているんだぞ、という話。
話自体はちゃんと面白かったのに萌えたかどうかと言われるとやっぱり微妙。
啓太のスチルがいちいち攻め顔だったけど、海野先生関係のスチルは今回全部好きです。



■全体的な感想

ほぼ3日でシーンコンプとスチルコンプ
操作性が本当によい!!そしてシナリオもおもしろい!!
ネタとして本気で高水準で何度も笑い殺されそうになりました。
1人につき1個は確実に爆笑ポイントがあります。マジで。
あとは3日目に起こる地震とか雨とかザッピングシステムっぽくて面白かったです。
学園ヘヴンは常に明るい雰囲気でやっててとても楽しいな~。
本気で2とか出て欲しい…あとはこのおかわりディスクをPCで移植とか。是非!

(2005.02)

テーマ : BLゲーム - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

学園ヘヴンプレイ感想3

※ネタバレしてます。

■7周目 西園寺さん×伊藤くん×西園寺さん

ウキウキと啓太受けを楽しんでいた私の耳に飛び込んでいた驚愕の情報。
キャラによって伊藤君が攻める--―!!??
つまり容姿が啓太より受けっぽい人間には啓太は攻めに回ると。
お、おおう…こいつぁ画期的だぜマイケル…!(あまりの衝撃に思わず深夜のTVショッピング化)
海野先生にやられる伊藤君とか楽しみにしてたのに…。
そして容姿は受けだけど態度が攻めの西園寺さんに至っては受けと攻めの2パターンある至れり尽くせりぶり。
というわけで衝撃の柔らかそうな(笑)西園寺さんで伊藤君攻めに免疫をつけていこうかと。

西園寺さんは見た目バリバリ女なのでホモゲーやり慣れてない側から見たら「うわぁ…いかにも…」ってなっちゃいそうなかんじなんですが、神谷さんの声とても素敵で「こんな人もしかしたらいるかもしれない」という幻想と書いてイリュージョンを見せてもらえました。
中学の時の西園寺さんは萌えた!!
西園寺さん攻略はキスしてから意識→生徒会室で告白→MVP戦→そしていよいよ西園寺さんの自室で…とちゃんと段階を踏んでいるところがよかったです。秒単位でご開帳のCPが多い中で(笑)。

啓太の攻めも…ま、まあ可愛かったんじゃないの…?
PS版での伊藤君が「自分が攻めなんでは」と言いたいところのシーンはもってまわった言い回しにとても笑いました。じ…自分がリードしたいっていうか…(笑)



■8周目 伊藤くん×滝

鈴村さんはは凄い好きなので(むしろこのゲームはスズケン目当てだった)早く着手したかったのになんだかんだで遅くなってしまった。
これも意外なドラマが待ってたなー!!
え?!普段明るいアイツがこんな暗い秘密を??!!というパターンですね。
受けが犯されてることを知る攻め→攻め、それがきっかけで受けを性の対象として意識
というパターンはやおいの王道かつ好きなパターンなので…というわけで伊藤君攻めは我慢するとして滝はやっぱりPC版の方が好きです。
(スズケンの関西弁が聞けないのは悲しいけどね…そこは脳内補完)

このパターンとして絶対に外せない台詞
「この身体を久我沼が好き勝手していたんだ…」
「俊介は…慣れてるから…」
のセリフが入っていたので個人的に大満足です。

滝くんは自転車の才能でBL学園に入ったそうなので可愛そうなシーンと便利屋のシーンだけじゃなくて凄い格好いい自転車(?)シーンとかの描写があったらもっと好きになってたかもしれない…。



■9周目 伊藤くん×海野先生

先生だったら先生×生徒は好みなんだけど海野先生は受けだし、バリバリのショタっ子受けっ子も好みなんだけど実際海野先生は子供じゃなくて大人の先生だし… う~ん…ヘヴンは組み合わせの意外性がいいってのは前述の通りなんですが海野先生はちょっと失敗かも。

これで海野先生がものすごく伊藤くんのことが好き!ってんならまた話は変わってくるんだけどそれがそうでもなさそうだしな…。
あ、でもHの時、海野先生の眼鏡外すか外さないか選択できるんですけど眼鏡有り無しでHのし方が変わるのは新鮮だったなー(笑)
(中嶋さんはほぼスチルの違いだけだったけどね)



■10周目 和希×伊藤くん

ときメモで言うところの藤崎詩織ポジション遠藤和希。
1回通常EDを見ないと真相EDにはたどり着けません。う~ん、ヒーローの香り。
手芸部で伊藤くんにウェディングドレスを作るシーンに爆笑(笑)。
デートもゲーセンに行けて、寺やら美術館やら高校生にしてはしみったれたところを連れ回されてきた身としては今風で楽しかったです。

西園寺だの臣だの成瀬だの「いかにも」な感じの名前が並ぶ中「なんで公式の主人公の相手の名前が『遠藤』なんだ…?」とちょっと疑問に思ってたんですが彼にもちゃんと「いかにも」な名前があったよ!(笑)
鈴菱、お目にかかりて~。

第一印象的には可も無く不可も無く無難な印象だったんですけど年齢詐称して学生のフリをしながら何年も伊藤君を待ち続けた男だと分かったらかなり好きになりました。本当にいくつなんだろう。



■全体的な感想

なんのかんのツッコミ入れつつPS、PC版ともにフルコンプ。
学園ヘヴン、恐るべし。
萌えとしても、そして萌えを超越して、ネタとしてもかなり高水準なゲームではないでしょうか!
萌えないカプもあったってことは逆に言えばすごいバランスがいいわけでどんな人でも絶対自分好みのCPがあると思います。

自分はさんざん言ってますが先輩×後輩が好きなので啓太が先輩にモテまくる図は本当に幸せでした。
そして岩井さん×啓太に出会えてよかった…。
もうシーンコンプもスチルコンプも全て終わったので(……)おかわりディスクとやらを心待ちにしたいと思います。

(2004.07)

テーマ : BLゲーム - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

学園ヘヴンプレイ感想2

※ネタバレしてます。

■4周目 丹羽(王様)×伊藤くん

生徒会関係は内部抗争とかちょっとややこしそうかな…と嫌煙していたんですがここでようやく着手。
まずは生徒会長の王様@小西さんから…。
終始「頼れるアニキ」ってかんじで一度も甘い雰囲気にならなかったんでちょっと心配だったんですがMVP戦時、伊藤くんが襲われてようやく「お?!」という雰囲気になってきましたね。こういう展開は好みです。

PS版では顔赤くして告白してフレンチキスで終わり~ってなんか釈然としなかったんですがPC版ではやっぱりガッツリやっててこれだよこれ!ってかんじでした。
他のカプの場合は逆にエッチシーンいらないよ~と思う場合もあるんだけど、アニキだからこそこのカプにはエッチが必要だ!!
王様の「わりぃ…っ」っていう台詞に萌えた!
というわけでこのカプはPC版の方が好きです。
まあやる場所は海岸なわけですが。テトラポットは見ている!!



■5周目 七条さん×伊藤くん

はい、どんどん生徒会関係攻めてきますよー。
5週目は生徒会の中では一番ファーストインプレッションで気になっていた七条さんにロックオン。
物腰柔らかいけど腹黒の攻め…って王道だけどすごい好きです。
七条さんは天才ハッカーなので電飾プログラムを操作して窓の明かりで伊藤君に告白…そしてなし崩しに屋上でセックス…このゲーム青姦多すぎだよ!!(笑)
それともホモゲーってこんなもんなのかな…。

どこまでも腹黒攻めの王道を貫いていたのでなかなか嬉しかったんですがやっぱりクライマックスまでずっと西園寺さんの話が絡んでいたので急にこっちに告られてもちょっと唐突な印象。
伊藤くんじゃなくてもこの人はどこまで本気なんだろう…ってかんじになってしまいます。
まあいいんだけど。PS版の最後のエピソードが可愛かったので!!



■6周目 中嶋さん×伊藤くん

こんなところに思わぬ伏兵がーーーーーー!!
と、ただただ驚いたのがプレイした最初の感想です。
普通に他の人を攻略している時には「お前誰?」的存在の中嶋さんとまさかこんな濃厚な時間が過ごせるとは(笑)。

一見常識人に見える中嶋さんはフタを開ければおしおき好きで鬼畜の変態だったわけなんですが、王様が裏庭にいるいないの証言ひとつで突然おしおきが始まるたあいくら戦時中で修羅をくぐってきた学生も思うまいて。おちおち疎開できないほど危険な学園です、BL学園。

出合って13秒くらいで突然おしおきが始まったほどなので、中嶋さんとのエピソードはいちいち本当に濃い。
デートでSMバーに連れてかれるわ体育用具室で拘束されるわ…。
まあおしおきといってもそんなにハードではないのでむしろそんな中嶋さんに堕ちていく伊藤くんが可愛いです。
このカプ攻略中で特筆すべきはやっぱりなんといっても伊藤くんの自慰行為。
伊藤くん好きにはたまらんエピソードでした。
PS版は声が可愛いしPC版は描写が密だし甲乙つけがたいです。
伊藤くんのひとりエッチが見れるのは中啓だけ!(ジャンプ風)

体育用具室で出てきた伊藤くんのパンツにも相当興奮したんですが前を弄らず後ろの万年筆だけでイくって…伊藤くん、いくらなんでも感度良すぎだろ(笑)。
まあそれだけ中嶋さんがテクニシャンってことか。

(2004.07)

テーマ : BLゲーム - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

学園ヘヴン プレイ感想1

学園ヘヴン ~BOYS LOVE SCRAMBLE~学園ヘヴン ~BOYS LOVE SCRAMBLE~
(2002/08/02)
Array

商品詳細を見る


※ネタバレしてます。

いやあ今まで純粋なホモゲームにはハマったことがなかったんですがこれは本当にハマりました。
適度なツッコミどころと純粋な面白さがいいんでしょうかね…。
私はPSから入ってPC版をやり始めたのでところどころ比較しながら感想を書いていきたいと思います。

主人公はとある離島の全寮制男子校に転校します。

その名もベルリバティ学園略してBL学園…

…この時点で私は学園ヘヴンの虜になっていました。(早い)
登場人物は最終的に潔いほど皆ホモ!
いっそすがすがしいです。

とにかくこの主人公の伊藤君が滅茶苦茶可愛い!!
声も可愛い!!
学園ヘヴンにハマった理由の半分がこの伊藤君の可愛さかもしれない。
世間的には微妙かもしれないけど、控えめだけど明るくて普通っぽくてかなり理想の受けです。
私は先輩×後輩のカプが大好物なので必然的に先輩に囲まれる伊藤君は…本当においしい。




■1周目 成瀬さん×伊藤くん

うわ~い、この理想の受けっ子で色々な組み合わせのCPが作れるのね~!!と早くも気分は高揚し、とりあえず最初は成瀬さんで行ってみました。
三木眞だし。
成瀬さんは主人公を溺愛する役なんですがこういうパターンのCPは結構好みです。
ファーストプレイなので、出合って5秒でキスしたりそれを見た男友達が嫉妬したりする展開に多少戸惑いつつも楽しくプレイ。
成瀬さんと親密になればなるほど、「自分は男なのになんで…」と苦悩する伊藤くん。
ほお、一応の常識はあるのか…!と興奮していたら男同士云々の問題で悩んでるカップリングはこいつらのみで、残りのカプはそんなこと微塵も気にしちゃいないことが後に、判明するわけですが…。
成瀬さんはプレイボーイなのでデートもエスコートしてくれてなかなか気分がいいです。
「もう手は出さない」と宣言する転も結構好きだったな…。
PC版でエッチの時に急に自己中になる成瀬さんにはひいたが(笑)余裕がなくなるほど今まで我慢していたと考えると萌えますね!
数々の甘い台詞はなかなかぶっ飛んだものが多かった…はず…なんだけど… 三木眞つながりで彼はどこか色様を彷彿とさせ、割と抵抗なかった(笑)。
なかなか楽しいカプでした!




■2周目 篠宮さん×伊藤くん

真面目で弓道の達人で寮長の篠宮さん@置鮎さん。
つけいる隙が全く無さそうで「おいおい本当にこの人とやれんのか…?!」と不安だったんですが恐らくゲームいちのドラマチックストーリーで篠宮さんは主人公に心を許し始めます。
真面目で恐そうに見える篠宮さんが実は料理が得意だったり弟にすごく優しかったり、この「いかにもこのキャラはこういうことしそうだ」という安心感と「え?!このキャラって実はこんな面が?!」っていう意外性のバランスがすごく絶妙でそこが学園ヘヴンの魅力なんだと思います。
どっちかっていうと弟的に愛される伊藤君なんだけど…そこはまあホモゲーなので例え弟分だろうとやることはやります。(しかも神聖な弓道場で。)
PC版で篠宮さんの裸を見たとき、伊藤くんが「(挿れたら)絶対痛いよな…」と確信するコメントに爆笑しました。
PSの方のエンディングがめちゃめちゃ可愛いです!!(伊藤くんも篠宮さんも)




■3周目 岩井さん×伊藤くん

すまん、素萌えだ。
初見で岩井さんは絶対ツボにハマる…!
と思ったのでお楽しみとして3週目まで取っておきました。
プレイしてみたら本当にツボでツボで…。

出あった頃からどこか影を背負っている天才画家の彼ですが失踪・リスカ・栄養失調と一緒にいて飽きることがないほどスリリングな岩井さん。
ほっとくと泣くわ退学するわ絵に火ィつけるわ本当にどうしょうもなくてそのどうしょうもなさがたまらないです。
どれくらいどうしょうもないかというと、いつも楽しく軽快なBGMが流れるはずの貴重な伊藤くんの休日も彼と過ごした途端、BGMが急におぞましくなる程ですから。

まあそんな彼も芯はとっても優しい人なのでその岩井さんが伊藤くんに惹かれていく様子が大変幸せでした。
一番萌えたエピソードは「俺もみんなみたいに啓太って呼んでいいか?」と許可を取って伊藤くんをファーストネームで呼び始めるエピソードなんですが、この短い台詞に岩井さんの自虐的な感じ(「みんなみたいに」ってとこが)と岩井さんの優しさと伊藤くんへの好意が感じられて非常に秀逸!萌え!!
この頃になってくると伊藤くんも岩井さんの扱いになれてきてデート時に着てくる様子のおかしい私服にもひるむことはありません。(私は意外にもラフな岩井さんの私服に普通に萌えたが)

難しい選択肢を間違えずに選択して岩井さんが前向きになってくれればめでたく岩井さんと初エッチ…いや~萌えた萌えた。
伊藤くんがフェラをするカプは他にもあるんだけど伊藤君くんにフェラをしたのは岩井さんのみだ…どうでもいいことかもしれないが私はこれを声高らかに主張したい。


テーマ : BLゲーム - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |