FC2ブログ

All archives    Admin

04月≪ 2020年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2007'01.01 (Mon)

令嬢探偵~オフィスラブ事件慕~ プレイ感想2

※ネタバレしてます。


5周目 佐上胡雨

続いて海外事業部の佐上胡雨(さがみこう/CV.浜田賢ニ)さん攻略。
ネタ系担当に違いないと勝手に判断し、「ファムファタル」発言に高らかに爆笑しました。
同期の社員を表現するのに「エキゾチック」ってどうなの…!!
エキゾチックな彼の好物がカレーパンってどうなの…!!
実はカレーパンがこのゲームで一番笑った場所だった。

そんなエキゾチックな彼も、口を開けば全然普通。むしろそこがギャップ。
中身はまだ子供っぽいところが多くて、こいつは母性本能をくすぐるタイプですね!!
BL界でアラブジャンルが確立するわけだよ!!……と、勝手に納得。

幻の秘宝を求めて……暴いた真相は……彼は一国の王子様でした
そのまんますぎて逆に思いつかない展開!
というわけで無茶な転職シリーズ第2弾は、秘書からお姫様でした。
主人公、波乱万丈だなあ…。
「カレーの王子様」っていう題名の佐上さんの同人誌が読みたい。



6周目 金剛寺竜輝

正規攻略ラストは、傲慢社長・金剛寺竜輝(こんごうじりゅうき/CV.諏訪部順一)で。
乙女ゲー界におけるセクハラはスキンシップとしてみなされるので、社長は非常に社員思いで親しみやすいキャラですね。…ですね、じゃない。
冗談はおいといて、この社長も分かりやすいキャラでなおかつやり過ぎてないリアルさがあってよかったと思います。
令嬢探偵のキャラ付けは、さじ加減がこの舞台に非常にマッチしていていいと思う。

ここでようやくメインの事件と思われるお姉さま自殺の真相を追うわけですが、社長はお姉さまの婚約相手だったと発覚。
う、うーん、これは微妙にモヤモヤする展開だな…。
この展開でいくんだったらもう少しお姉さまと主人公の絆の深さとかを伝えて欲しかったかも。

そしてラストはめでたく社長婦人の座を勝ち取る主人公
……の、とんでもないバブルなスチルが見たかったー!!!
やったぜ、社長婦人になったぜー!という人生ゲームのゴール的なカタルシスを持ってこなかったのはやっぱりお姉さまへの負い目…?
なんでせっかく社長婦人になったのに老人ホームの相談をしなきゃならないんだという(笑)



7周目 御影戒徒

さて、メイン5人(康ニのぞく)の攻略データを累積して始めて攻略可能なお嬢様の使用人・御影戒徒(みかげかいと/CV.小西克幸)を攻略。
お嬢様と使用人という身分違いの恋、愛し合う2人を前に容赦なく運命の歯車が回る…!!
昼ドラみたいでいいじゃないですか。
小西さんの抑え目な声がいい。
こんな下僕キャラもなかなか珍しいと思うし、イケメンに傅かれて悪い気する女子なんていないわけですよ!
人目を忍んでハイヒールに欲情している戒徒のエピソードがマニアックでよかった。

戒徒を攻略しているとどうしても出てくる秋葉も無駄にいいキャラしてた(笑)。
挙句、秋葉と戒徒を指して「なんかホモみたい」という選択肢まで出てくる始末。
こんな選択肢選んで戒徒の好感度が上がったら大問題だけど、どうしても押したい衝動に駆られた。
私だって、腐女子なんです…!!!(戒徒の名台詞をインスパイア)

ラストの大ドンデン返し!!

お姉さまを殺した真犯人は戒徒だった!!

事件無事解決☆

って、マジかよおおおおおおおおおおお

こんな裏切られ方、ありか!!!!
まあゲームとしてはありかな!どっちだ!
他のプレイヤーがこれについてどう思ったか気になるところです。
主人公は本当に波乱万丈だ…っ。
バッドエンドの方がなにも知らない分、幸せだとすら思う(笑)。



全体の感想

キャラのバランスやシナリオの面白さで最後まで飽きずに楽しませてくれる良ゲームでした。
ただ、つっこみたいところもあります。
インターフェースのダサさと画像読み込むたびに訪れるあのガタつきは一体!?
既読スキップ機能がない乙女ゲームがまさか21世紀に発売されているなんて、にわかに信じ難い…!!!
SEがヒドい!!コンビニ袋開封するだけで異空間の音がする!!!
とりわけ、ガタガタするのと既読スキップ機能がないのは痛いです。
まあこれに慣れると、これからゲームするたびに「最近のゲームってすごいな…」と感動できると思うのでそれはいいんですけど(笑)。

よかったところ。
お嬢様のキャラが、純真無垢な世間知らずのお嬢様じゃなくて、ちゃんと頭の回転が早くて女の子らしかったところ。
それでいて主張しすぎない感じでよかったです。
あと、キャラに会えるのはランダムなんですが出没場所が決まっているので、攻略キャラに専念できることがよかった。
これは地味に本当に助かる。
別キャラのイベントが発生しちゃってスチルのネタバレ…ってなことになったり強制的に起こるイベントが共通…っていうのがないのでストレスなく進められました。

好きなキャラは1位・康ニ、2位・伊吹さん、3位・佐上さん…でしょうか。
康ニに会えた興奮は忘れない。
地に足の付いたゲームとみせかけて、割ととんでも展開が横行してたのは…主人公がお嬢様ってのと推理ゲームという冠に免じてご愛嬌ということで。
事件の内容が結構面白かったので、推理ファンとしても満足できる内容でした!


(2007.04.18)

スポンサーサイト



テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://timimoryou.blog102.fc2.com/tb.php/18-1dd80cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |