FC2ブログ

All archives    Admin

04月≪ 2020年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2007'01.01 (Mon)

鬼畜眼鏡 プレイ感想1

鬼畜眼鏡 通常版鬼畜眼鏡 通常版
(2007/10/12)
Windows

商品詳細を見る


※ネタバレしてます。

spray待望の新作です。
……まさかこのゲームの感想を書ける日が来ようとは……。
と、感慨にも耽ってしまうってもんです。
商業BLゲームを代表するといってもいいブランド「spray」の新作のテーマは「鬼畜」で「メガネ」で「リーマン」と、今までのsprayのイメージとは少し違ったものらしい。
だけど、「メガネをかけると鬼畜(攻め)に変身!」という情報の解禁により「この狂った発想は間違いなくSprayだ」と感嘆にも似た、いらん確信を覚えたものです。

なぜこんな懐古的な文章なのかというと、ぶっちゃけ記憶が薄いからです。
だってこの情報与えられたの3~4年前だぜ!!!??
記憶違いじゃなければ「鬼畜眼鏡」の開発って前作のピヨたんよりも早かった気がするんですけど…。
年単位でユーザーを焦らし続ける鬼畜眼鏡。
一向に書き換えられる気配のない公式サイトの「鋭意開発中」の文字を見るたび「これも鬼畜プレイの一環なのではないか」という疑惑が胸で一杯になりました。
あげく発売延期になった時は公式サイト自ら「好きだろ?焦らしプレイ」と全く謝る気のないキャラで公言されていたので、あまりの面白さにどうにかなりそうでした。
有り得ねー!!発売前からこんだけ面白いってさすがsprayすぎる!!!

2006年内→2007年春→2007年6月→2007年7月という、最高の放置&焦らしプレイを経て、ようやくユーザーの手元に製品が届いた時には、最早メガネをかけると鬼畜になるという非常識なことも「常識だろ」くらいにしか考えられないくらい思考が麻痺していました。
これもsprayの罠か……。
待たされた分、期待も大きかったのですがその期待に応えてくれる出来だったと思います。
え、それとも待たされすぎて逆に「面白くないハズがない」と思い込んでる!?
そんな当てにならないspray信者の「鬼畜眼鏡」感想です。



1周目 五十嵐×佐伯(ノーマル)

意気揚々と始めるものの、会社倒産か刺されて死亡かのバッドエンドを繰り返す。
あれ、え、なにこれ、難しい……。
メガネを外すタイミングとかけるタイミングがまるで分かりません。
勿論このメガネは度が入ってないので、単に「デスクワークで目を酷使するからメガネ使おう」とか「会議は重役の顔が見えると緊張しちゃうからメガネ外そう」とか普通の用途としてメガネ使ってたら即、バッドエンドです。(当たり前だ)
手に負えず攻略サイトに泣きついたところ、やっぱり鬼畜とノーマルの使い分けがミソのようですね。

メガネをかけた時の豹変ぶりに初笑いを奪われた。
髪の色も声優さんも一緒なんだけど、声優さんの喋り方もガラッと豹変するし(さすがプロだ…)髪型も目つきも全然違うのでノーマルとメガネVer.は同一人物には見えませんね。
下手したら男乱馬と女らんまくらい差があるんじゃないか。
これ、セーラームーンとか美少女仮面ポワトリンの世界だったら周囲の人間は確実に別人だと判定するぞ。
そんな解離性スレスレの人間に対して動揺しながらも真面目に応対する会社の様子がシュールで楽しかったです。

学園モノ好きの自分としては、リーマンたちは後回しでまず学生にロックオン。
主人公・克哉の通勤するルートの喫茶店で働いている大学生バンドマン・五十嵐攻略です。

うわわわわ~!!!ああもう!!!楽しい!!!!
このかんじだ!!さすが学園ヘヴンのシナリオの人だ!!!
萌えとか置いといて、とりあえずひたすら楽しい!心躍る!!
五十嵐の「うっわ、漫画みてえ」の台詞に感動した。
私は!!今!!sprayの新作をプレイしている!!!
……はあはあ、興奮しすぎた。

五十嵐はどこにでもいる明るい大学生ってかんじで、克哉に対しても「年上の友達」っぽい距離感が会話の端々に滲み出ていてうまいな~と感心しました。
あの「名前+さん」と、「基本タメ語+たまに敬語(~っすか)」がリアルでいい。

まあ明るいキャラと優しいキャラの意外すぎてむしろ逆にデフォルトの血族、893の血を五十嵐もひいていたわけだけどね!!!
…………
……
ていうか、なぜここまでテンプレ。
……ま、まあいいけど。
893の家柄に必須の二面性も五十嵐自体はそんなになかったし。

五十嵐はメガネをしている克哉は好きではない様子。
彼は自分の大型わんこ属性を自覚しているのかそうでないのか「匂いが違う」と誰も見抜けなかったメガネ克哉とノーマル克哉の新しい判別方法を見出します。
ノーマル克哉にほのかな想いを寄せている五十嵐を、メガネ克哉Verで陵辱できるシーンはものすごくテンションがあがった。
あそこまで「メガネを使う」選択肢に「いよっしゃああああああ!!!」となったことはなかった。
だっはっは!!!好きな人と同一人物だけど別人に犯される五十嵐!!
これだ!これが見たかったんだよ!!!!

結局カップリングは五十嵐×ノーマル克哉の年下攻めカップリングでベストエンディングなんですけどね。
でも鬼畜攻めよりは、幸せな年下攻めのがいいなあと思いました。
五十嵐、バンドで海外メジャーデビュー→克哉マネージャー業を頑張る→克哉への想いを込めたラブソング発売の流れはあまりのことにいっそ清清しかったです。
テンプレとかいったら負けだ、これはバンド系BLの立派な様式美である。

五十嵐のキャラの明るさは常に学園ヘヴンの明るさを彷彿とさせて、やっててとても楽しかったんですけど、強烈に学園ヘヴン臭を感じたのはやっぱりお互いの想いが通じてさあこれから本番って時でしょうか。
これこれこういう気持ちでこれだけこう想ってて……という告白の尺が異常に長いのに対して同性同士であることの確認が2行
やっぱりこれに尽きる。(私は学園ヘヴンをなんだと思ってるんだ)



2周目 克哉(メガネ)×秋紀

次は、鬼畜に変貌した初日っからホテルに連れ込んだ金髪美少年、須原秋紀(すはらあき)攻略。
このゲームの中では一番の年下なので自分の大本命です。
秋紀は高校生らしいが、いつもユニクロパーカーでうろついているため年齢不詳だったな……。
できれば制服姿を一目でいいから見たかった。

五十嵐がノーマル克哉に惚れていたのに対して、秋紀はメガネの克哉にご執心の様子。
あんな鬼畜に惚れこむあたりが、刺激的なことをしてみたい年頃っぽくて可愛かったです。
これ、五十嵐の時みたいに逆にノーマル克哉と秋紀の絡みがあったら神だな、と思ったけどさすがになかった……。(まあノーマル克哉は受で固定されているので、そうなったら秋紀が克哉を攻めることになっちゃうのか…それは無理がありそうだ…)

秋紀は予想よりずっと健気で可愛い子だった!!
もっとツンツンしてるかと思ったけどデッレデレじゃないっすか!!
克哉に振り向いてもらいたい一心で催淫剤仕込んだのにあっさりバレてカウンターくらったり、慣れてる振りして実は克哉が初めての相手だったりと神がかった展開に全米が泣いた。

予想よりも遥かに健気受けだったという嬉しさが、余計鬼畜プレイへの切なさを募らせてしまいました。
君みたいな可愛い子はもっと優しいお兄さんと幸せになるべきだよ~、と本気でキモいアドバイスをモニタに投げかけそうになりました。
なにが悲しくて自分の萌えキャラに携帯電話をつっこまなければならないのか。(最新の薄型モデルであることを祈るばかりです)

犬(五十嵐)の次は猫(秋紀)を飼い始めるトップブリーダー克哉。
これはこれで本人達が幸せそうならいいのか……。
もう少し秋紀の私生活を知れるエピソードやスチルがあったら嬉しかったなあと思ってしまうのは自分が秋紀に萌えているからか。



3周目 克哉(メガネ)×片桐

ここで会社のキャラを攻略。
うだつのあがらない課長のオッサン、片桐さん攻略です。
彼も鬼畜メガネVer.でしかカップリングは用意されてないみたいですね。
休日に上司のオッサンの家におしかけて、飼ってるインコ逃がしてオッサン犯して帰ってくる奔放ぶりに感動した。
まさにやりたい放題だ!!

その日を境にメガネ克哉はトイレだろうとオフィスだろうとところ構わずオッサンを犯し続けます。
ていうかこのメガネ、なんか精力つける力でも作用してるんだろうか……。
オッサン相手に「変態め」とののしって喜んでるメガネ克哉のほうがよっぽど変態だと思うのですが……。(鬼畜攻めに対してこれを突っ込むのは無粋か)

片桐さんは犯された後の態度が一貫しててよかったです。
うだつがあがらないけどちゃんと大人で、しかも彼の優しさがとてもよく伝わる!!
このキャラはこうだよなっていうのがハッキリしてて台詞と行動にブレがないのがspray、というかTAMAMIさんの持ち味だと思います。(まんがスクールの批評みたいだ)

乙女で無能なオッサンとドS美青年の組み合わせってなんか某日和の芭蕉と曽良くんみたいだな…と意識したらなんとなく声まで似てる気がしてきました。
インコも無事帰ってきたし、最後の同伴スチルはとてもよかった。
鬼畜成分って甘みをより甘く感じさせるスパイスなのかもしれない…っ。


(2007.08.22)

スポンサーサイト



テーマ : 鬼畜眼鏡 - ジャンル : ゲーム

00:00  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年04月16日(木) 19:15 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://timimoryou.blog102.fc2.com/tb.php/19-fbc6e483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |