FC2ブログ

All archives    Admin

04月≪ 2020年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008'06.14 (Sat)

DEAR My SUN!! ~ムスコ★育成★狂騒曲(カプリッチョ)~ プレイ感想 2

※ネタバレしてます。

6周目 辰波悟(たつなみさとる/CV:岸尾だいすけ)

・息子=風斗爽やか(CV:岡本寛志)
・分岐END=オーナー・板前・パティシエ(辰波END)・喫茶店マスター・ホスト

風斗育成を続けていきます。
今回はナンパな洋菓子パティシエ、辰波さんを攻略。
人妻だろうと子持ちだろうとお構いなしで口説きにかかってくるので、こっち(プレイヤー)の育児に疲れ荒んだ心が癒されていくのが分かります。

辰波さんも年下キャラなので、彼の高校時代のスチルがバッチリ拝めます。
あのときの学生がこんなに立派なナンパ師になって…と、歳月の重みに感極まる。
いや、でも普段の乙女ゲーだったらこういうナンパキャラって微妙にウザい存在なハズなのに、このゲームだと「若い男に言い寄られる自分ってまだイケんじゃん!」ととても嬉しくなるんですよ。

彼の悩み(和菓子屋の跡を継がなければならない)も無事解決し、軽く愛を語っていた辰波さんが本気モードに。
さすが愛の伝道師、ルートイベントはその名に恥じないエロスでしたよ。
個人的に、爽やか風斗を演じた岡本さんが好きな声優さんだったので、それも楽しかったです。



7周目 吉良雅伸(きらまさのぶ/CV:神谷浩史)

・息子=風斗甘えん坊(CV:下和田裕貴)
・分岐END=ハリウッド俳優・美容師(吉良END)・バーテン・声優・アイドル志望

カリスマ美容師吉良雅伸、攻略。
この時代に堂々と「カリスマ」で「美容師」なあたりが逆に前衛的です。
性格もオレ様ヘタレ系で攻略が面白かった~!!!
このゲームのキャラたちって、容姿がぶっ飛んでる割に下の名前が全員平凡で萌えます(笑)

彼は汚いモノ・美しくないモノを「デスい」と蔑み、一蹴。
育児に奔走し、自分の見た目など気にしちゃいられない主人公に対しても言葉のナイフで攻撃してきます。
う、うおお、辰波さんに持ち上げられてた直後だからこれはキツいゼ……!!
やっぱり子持ちのオバサンなんて興味ないっすよねすんません、とプレイヤーを現実に引き戻してくれます。
特に「経産婦」という罵倒が一番インビでした。
主人公を罵るキャラクターは過去乙女ゲーで何度もいたが、こんな卑猥な言葉で罵られたのは初めてだ…!!
あ、これは身体を見られたあとに吐く台詞なのでそのシチュエーションも卑猥さに拍車をかけてるのかもしれませんが。

そんな吉良も、吉良なりに辛い過去を抱えていたわけで……。
正直何週もしてるとキャラたちの過去や葛藤に少々マンネリ入ってきてたのですが、吉良の悩みが一番面白くて一番萌えました。
あ~こいつ、今も「雰囲気イケメン」なんであって、そこまで美形ってわけでもないんだろうなあ~、とありあり想像出来て萌えた!!
再婚も萌えた……初見から気になってたキャラなので、取っておいてよかったです。

ところで息子の職業「アイドル志望」……ちょっと待て!
「志望」ってそれ、職業なのか!!??



8周目 ポンちゃん(CV:坂口大助)&清四郎(せいしろう/CV:竹本英史)

・息子=風斗
・分岐END=勇者(ポンちゃんEND)・忍者・考古学者(清四郎END)・兄弟perfect

さて、いよいよ攻略も大詰めです。
もう満身創痍です。
このゲーム、マジ難易度高ぇえ……。
ってわけで犬耳電波少年・ポンちゃん攻略。

この子もMELODY同様、プレイヤーに混乱をきたすキャラだったな~!!
その耳は飾りだよな!? 魔法は実際使えないんだよな!?
と、冷静に考えれば分かることも世界観のせいで「いや、でも…」とさらに混乱する。
電波つながりでMELODYの親族かと思いきや、そういうわけでもないみたいだし。

混乱のせいで、病死して今は幽霊、とか色々考えすぎてしまいました。
だって15年間少年のまま立ち絵が変わらないって無理あるだろ!!!!
しかし、彼は現在を生きる少年で最後はなけなしに「微妙に成長した?」ようなスチルが拝めました。
真相も一応分かったけど拍子抜けしたかんじ。
だって15年だぜ……15年変わらないってのは……
息子たちはあそこまで成長し、堂島さんすらちゃんと老けているというのに。

とまあ色々疑問や不満は残りましたが、就ける職業も少ないのでメインキャラってより「攻略できてめっけもの」のキャラだってことで納得しておきます。



全体の感想

とにかく絵がかわいいしキャラがキャッチー!
この変化球なコンセプトが、ここまでキャッチーな作品になるなんて、前情報を仕入れた時からは想像もつきませんでした(笑)
こんなかんじの雰囲気で、直球の乙女ゲームもやってみたかったです。

ただ、職業をコンプしようと思うと相当気合が必要になってきます。
(まあスチルは一応コンプしなくても埋まるっちゃ埋まるのですが、意地で職業もコンプしちまったよ…)
総プレイ時間40時間のうち、20時間くらい職業コンプの作業をしていたような気がします。
これぞ息子への愛情、否、そう思ってでもないとやってられない。

予想外だったことは、兄弟ふたりの考古学者エンド(つまり清四郎さんのあとを継ぐ)が異常に感動的だったことです。
これも大変さゆえに、余計そう思えただけか…。
コンプしようとさえ思わなければ、初心者の方でも気軽にできると思うしお目当てのキャラを落として楽しむには間違いなく良ゲームだと思います。

(2008.06.14)
スポンサーサイト



テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

17:28  |  プレイ感想  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

助かりました★

今更ですが息子育成を最近買ったばっかりで、どうしても攻略できなくて、散策してたらココに辿りつきました★お陰さまでコツが掴めました~まだまだ始めたばかりですが助かりました(*^^*)
くみぽん | 2008年06月22日(日) 18:56 | URL | コメント編集

コメントありがとうございます

>くみぽんさん
やや!!なんとコメントが!!
このような辺境の地へようこそいらっしゃいました。
私がプレイしてたのはすでに去年の出来事なので感想は今更かなあ…と思ってたのですがお役に立てたようで本当になによりです。
オススメは考古学者エンドです!
楽しんできてくださいね!
ナミキ | 2008年06月23日(月) 12:34 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://timimoryou.blog102.fc2.com/tb.php/25-e070735a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |